松岡茉優、大泉洋“編集長”の企みに翻弄される!?『騙し絵の牙』場面写真

大泉洋主演『騙し絵の牙』から、佐藤浩市、松岡茉優ら豪華キャストの場面写真が到着した。

映画 邦画ニュース
『騙し絵の牙』(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会
  • 『騙し絵の牙』(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会
  • 『騙し絵の牙』(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会
  • 『騙し絵の牙』(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会
  • 『騙し絵の牙』(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会
  • 『騙し絵の牙』(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会
  • 『騙し絵の牙』(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会
  • 『騙し絵の牙』(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会
  • 『騙し絵の牙』(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会
大泉洋を主人公にあてがきされ、ベストセラーとなった小説を大泉さんを主演に映画化する『騙し絵の牙』。初映像、第1弾ビジュアルと情報が解禁される度に注目を集める本作から、豪華キャストの場面写真が到着した。

>>『騙し絵の牙』あらすじ&キャストはこちらから

本作で描かれるのは、大手出版社「薫風社(くんぷうしゃ)」を舞台にした熾烈な騙し合いバトル。先日、大泉さん演じるカルチャー誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水が不敵な笑みを浮かべる第1弾ビジュアルが解禁されると、「すごいインパクトのあるポスター!」「洋ちゃん格好良い~」「あまりの格好良さに恐れおののいてる」とSNSでは大反響を呼んでいる。

『騙し絵の牙』(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会
この度解禁されたのは、大泉さん演じる主人公の速水や、同じ「トリニティ」編集部の高野(松岡茉優)、次期社長候補の専務・東松(佐藤浩市)、大御所小説家・二階堂(國村隼)、薫風社の文芸誌「小説薫風」編集長・江波百合子(木村佳乃)らを収めた場面写真。

『騙し絵の牙』(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会
飄々としながらも常に何かを企んでいる速水の姿や、鋭い眼光で一点を見つめる東松、自身のパーティで貫禄たっぷりにふんぞりかえる二階堂と、それを挟んで火花を散らす江波と速水。

『騙し絵の牙』(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会
さらに「トリニティ」を持って飛行場を猛ダッシュする高野の姿まで! クセモノ揃いのキャラクターたちのバトルはもちろん、実力派キャストたちの演技合戦にも期待が高まる場面写真となっている。

『騙し絵の牙』(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会
また、今回の場面写真には写っていない、宮沢氷魚、池田エライザ、斎藤工、中村倫也、佐野史郎、リリー・フランキーといった豪華キャストたちも登場する、待望の予告映像も解禁予定という。

広告の後にも続きます
『騙し絵の牙』は6月19日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top