広瀬すず&堤真一、“親子”の絆が試される!?『一度死んでみた』本編シーン

広瀬すずが反抗期継続中のこじらせ女子大生を演じ、大嫌いな父親をピンチから救うべく奔走する映画『一度死んでみた』。この度、堤真一演じる父親と娘、親子の絆が試される本編映像が到着した。

映画 邦画ニュース
『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
  • 『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
  • 『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
  • 『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
  • 『一度死んでみた』 (C)2020 松竹 フジテレビジョン
  • 『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
広瀬すずが反抗期継続中のこじらせ女子大生を演じ、大嫌いな父親をピンチから救うべく奔走する映画『一度死んでみた』。この度、堤真一演じる父親と娘、親子の絆が試される本編映像が到着した。

>>『一度死んでみた』あらすじ&キャストはこちらから

今回到着した映像は、<2日間だけ死んじゃう薬>を飲んで“幽霊”になってしまった計(堤さん)が、娘・七瀬(広瀬さん)に2日間経つ前に強制的に生き返る方法を伝えようとする重要なシーン。


自ら仮死状態となったが、ライバル会社のワトソン製薬に本当に火葬されそうになってしまう計。この危機を脱するべく、言葉は聞こえないが、計の幽霊の姿だけは見えている七瀬に、ジェスチャーで伝えることに。しかし、絶賛反抗期中の七瀬との日頃のコミュニケーション不足のせいか、思うように伝わらないもどかしい感じに。

『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
本作がコメディ初挑戦となる広瀬さんは、堤さんがどのようなテンションで演じるか想像がつかず、事前にあまり固めず現場で感じるまま演じようと思っていたそうで、まるでアドリブかと思うような自然なやり取りが行われている。

また映像には、リリー・フランキー扮する幽霊になった計に付き添う天国への案内人・火野、吉沢亮演じる七瀬に協力する計の秘書・松岡も一緒に登場。若干見切れているにも関わらず、自分には見えない計とコミュニケーションを取ろうとする七瀬を不審そうに見つめ、挙動不審な松岡の姿にも思わずクスッとしてしまう。

『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
『一度死んでみた』は3月20日(金・祝)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top