ジョナ・ヒル版『レディ・バード』の声も!『mid90s』9月公開

俳優ジョナ・ヒルが初監督を務めた『mid90s』が邦題『mid90s ミッドナインティーズ』として、9月4日(金)に公開が決定した。

映画 洋画ニュース
『マネーボール』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』と2度のオスカーノミネートを果たし、『21ジャンプストリート』などでも知られる俳優ジョナ・ヒルが初監督を務めた『mid90s』が邦題『mid90s ミッドナインティーズ』として、9月4日(金)に公開が決定した。

本作は、90年代のロサンゼルスを舞台に、シングルマザーの母と育った13歳の少年スティーヴィーが、スケートボードを通してかけがえのない仲間たちと出会い、子どもから大人への扉を開いていく、ジョナ・ヒル自身の半自伝的な10代の想い出をもとにした青春映画。

ジョナ・ヒル-(C)Getty Images
彼がタッグを組んだのは、日本での『ミッドサマー』の大ヒットも記憶に新しく、『レディ・バード』『ムーンライト』などアカデミー賞の候補作を続々と送り出すなど、世界中の映画好きから注目の的となっている気鋭の映画スタジオ「A24」。

懐かしくて新しい、90年代への愛情と夢をたっぷりに描いた10代の少年たちの成長物語はあらゆる世代の共感を呼び、「ナショナル・ボード・オブ・レビュー」のトップ10インディペンデント映画に選出。全米4館からスタートしたにも関わらず、1,200スクリーン超まで拡大するスマッシュヒット。「ジョナ・ヒルによる『レディ・バード』!監督自身の青春と才能から生まれた宝石」(Hollywood Reporter)といった評価も受けている。

ジョナ・ヒル自身が子ども時代を過ごし、タイトルにもなっている、本作の象徴的なキーワード“1990年代”の雰囲気と感覚を再現するため全編16mmフィルムにこだわって撮影されていることも魅力の1つで、スーパー・ファミコンや「ストリート・ファイター」など1990年代を象徴するような懐かしいアイテムも。

音楽は「ナイン・インチ・ネイルズ」のフロントマン、トレント・レズナーが手掛けるほか、「ニルヴァーナ」「ピクシーズ」、モリッシーから、シール、「ファーサイド」「ウータン・クラン」「ア・トライブ・コールド・クエスト」などによる当時のヒット曲で彩られている。

『mid90s ミッドナインティーズ』 (C)2018 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.  
ティザービジュアルでは「たちあがれ、何度でも」という力強いメッセージとともに、不安と希望を胸に未来に立ち向かうように佇む主人公スティーヴィーの姿に釘付けになる。そんな彼を魅力たっぷりに演じるのは、『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』『ルイスと不思議の時計』で強い印象を残したサニー・スリッチ

キャサリン・ウォーターストンキャサリン・ウォーターストン
母親ダブニー役に『ファンタスティック・ビースト』シリーズのティナ役で知られるキャサリン・ウォーターストン、兄のイアンに『WAVES/ウェイブス』『ある少年の告白』『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のルーカス・ヘッジズと、人気・実力を兼ね備えた俳優陣が揃う。

ルーカス・ヘッジズ-(C)Getty Imagesルーカス・ヘッジズ
『mid90s ミッドナインティーズ』は9月4日(金)より新宿ピカデリー、渋谷ホワイト シネクイントほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top