“母”ドヌーヴ&“娘”マストロヤンニ、本気の演技対決『アンティークの祝祭』本編映像

映画『アンティークの祝祭』から、カトリーヌ・ドヌーヴが実娘で女優のキアラ・マストロヤンニと対峙する2人の共演シーンの本編映像が解禁。

映画 洋画ニュース
『アンティークの祝祭』 (C) Les Films du Poisson - France 2 Cinema - Uccelli Production - Pictanovo
  • 『アンティークの祝祭』 (C) Les Films du Poisson - France 2 Cinema - Uccelli Production - Pictanovo
  • 『アンティークの祝祭』 (C) Les Films du Poisson - France 2 Cinema - Uccelli Production - Pictanovo
  • 『アンティークの祝祭』ポスター (C) Les Films du Poisson - France 2 Cinema - Uccelli Production - Pictanovo
カトリーヌ・ドヌーヴが、ティファニーやバカラなどの高級アンティークを手放し、その最期の日を鮮やかに締めくくろうとする映画『アンティークの祝祭』。この度、ドヌーヴが実娘で女優のキアラ・マストロヤンニと対峙する2人の共演シーンの本編映像が解禁された。

>>『アンティークの祝祭』あらすじ&キャストはこちらから

母クレール(カトリーヌ・ドヌーヴ)が長年集めていたアンティークを庭先で売っているという情報を聞きつけ、20年ぶりに娘マリー(キアラ・マストロヤンニ)が帰ってきた。母の姿を見つけると、恐る恐る「ママ」と声をかけるが、クレールは20年ぶりとは思えないほどあっさり「あらマリー」と答える。マリーが近くに寄っても作業の手を止めようともしない。

「家の置物を全部外に? なぜ? お金がいるの?」と質問を繰り替えすマリーに、「売る物があるからよ。邪魔しないで。今さら文句はやめて」と冷たく突き放すクレール。奇妙な時間が2人の間に流れたとき、クレールは突然「マリー…少し太ったわね」「どうして急に来たの? 1人暮らしを楽しんでいたのに」と畳みかけながら、「答えなくていいわ。あなたの心はここにはないもの。今日は最後の日よ」と続ける。そんな母の姿にマリーは困惑するばかりで…。


この“母娘”の共演について、監督は「キアラとカトリーヌは以前すでに母と娘を演じていたけれど、このように激しい関係ではありませんでした。2人とも本気でこうした演技をやりたがっていましたし、私たち全員にとってうっとりする経験でした。実際には、2人の間に存在しない悲しみや怒りを追求するというのは、やりがいのあることでした」と、2人の演技合戦に大絶賛を贈っている。

『アンティークの祝祭』は4月24日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top