レディー・ガガ主演、グッチ創業者孫の暗殺事件を描く映画の権利をMGMが獲得

MGMが、Netflixと少なくともあと1つのストリーミング配信サービスと争い、リドリー・スコットが監督するグッチ創業者一族のドロドロを描く映画の権利を勝ち取ったという。

最新ニュース ゴシップ
レディー・ガガ-(C)Getty Images
  • レディー・ガガ-(C)Getty Images
  • リドリー・スコット-(C)Getty Images
  • レディー・ガガ-(C)Getty Images
MGMが、Netflixと少なくともあと1つのストリーミング配信サービスと争い、リドリー・スコットが監督するグッチ創業者一族のドロドロを描く映画の権利を勝ち取ったという。「The Hollywood Reporter」が報じた。

同作(タイトル未定)はサラ・ゲイ・フォーデンの「ザ・ハウス・オブ・グッチ」をベースとし、グッチを創業したグッチオ・グッチの孫マウリツィオの暗殺事件に焦点を当てる作品。

マウリツィオは妻パトリツィアが雇った殺し屋によって、1995年に殺害された。パトリツィアは1998年にこの件で有罪判決を受け、18年服役し、2016年に刑期を終えた。映画ではこのパトリツィア役を主役とし、レディー・ガガが演じることになる模様。脚本は今作が長編デビューとなるロベルト・ベンティベーニャが担当する。製作はスコット監督&妻のジャンニーナが、スコット監督所有の製作会社「スコットフリー」を通して行う。

全米公開予定日は2021年11月24日。

スコット監督は、先日までベン・アフレック、マット・デイモン、アダム・ドライバーらが出演する『The Last Duel』(原題)を撮影していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断した。この作品を撮り終えた後に、グッチの映画の製作に入るという。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top