大林宣彦監督、最新作の公開予定日に逝去…行定勲監督「恩師を失ってしまったよう」

映画作家・大林宣彦監督が、最新作『海辺の映画館ーキネマの玉手箱』の公開予定日だった4月10日(金)肺がんのため82歳で死去。

最新ニュース スクープ
大林宣彦監督
  • 大林宣彦監督
  • 『海辺の映画館』(c)2020「海辺の映画館-キネマの玉手箱」製作委員会/PSC
  • 『海辺の映画館-キネマの玉手箱』 (C)2020「海辺の映画館ーキネマの玉手箱」製作委員会/PSC
  • 『海辺の映画館-キネマの玉手箱』 (C)2020「海辺の映画館ーキネマの玉手箱」製作委員会/PSC
  • 『海辺の映画館-キネマの玉手箱』 (C)2020「海辺の映画館ーキネマの玉手箱」製作委員会/PSC
  • 『海辺の映画館-キネマの玉手箱』 (C)2020「海辺の映画館ーキネマの玉手箱」製作委員会/PSC
  • 『海辺の映画館-キネマの玉手箱』 (C)2020「海辺の映画館ーキネマの玉手箱」製作委員会/PSC
  • 『海辺の映画館-キネマの玉手箱』(C)2020「海辺の映画館ーキネマの玉手箱」製作委員会/PSC
原田知世主演『時をかける少女』などの“尾道三部作”をはじめ、数々の名作を世に贈りだしてきた映画作家・大林宣彦監督が、肺がんのため4月10日(金)に82歳で死去。この日は、最新作『海辺の映画館ーキネマの玉手箱』の公開予定日だったが、新型コロナウィルスの影響により映画館が休館し、公開延期となっていた。

>>『海辺の映画館-キネマの玉手箱』あらすじ&キャストはこちらから

1938年、広島県尾道市生まれ。3歳のときに自宅の納戸で見つけた“活動写真機”と戯れるうちに映画をつくり始めたという。テレビCM草創期にはチャールズ・ブロンソンの「マンダム」をはじめ、カトリーヌ・ドヌーヴなど多くの外国人スターを起用したCMを製作、その作品数は3,000 本を超える。

1977年に『HOUSE/ハウス』で商業映画に進出。自身の古里・尾道を舞台にした『転校生』('82)、『時をかけ る少女』('83)、『さびしんぼう』('85)は“尾道三部作”と称され、世代を超え親しまれ、現在も新世代のクリエイターへ大きな影響を与えつづけている。

近年には“大林的戦争三部作”と呼ばれる『この空の花-長岡花火物語』('11)、『野のなななのか』('14)、『花筐/HANAGATAMI』('17)を発表。特に『花筐/HANAGATAMI』は第72回毎日映画コンクール日本映画大賞、第33回高崎映画祭特別大賞など様々な賞を受賞し、第91回キネマ旬報ベスト・テンでは日本映画ベスト・テン第2位に選ばれ、監督賞を受賞した。また、2004年春の紫綬褒章受章、 2009年秋の旭日小綬章受章。2019年には令和初の文化功労者にも選ばれていた。

肺がんと診断され、余命の宣告を受けたのは、2016年8月。転移を繰り返すがんと闘いながら、みずからの命を削って、平和をたぐり寄せる映画を完成させた大林監督渾身の最新作『海辺の映画館ーキネマの玉手箱』は、新型コロナウイルスの影響により映画館が休館し、公開延期となっていた。

『海辺の映画館』(c)2020「海辺の映画館-キネマの玉手箱」製作委員会/PSC
その公開予定日だった4月10日(金)19時23分、東京都世田谷区の自宅にて息を引き取った大林監督。葬儀・告別式は、家族葬(密葬)を執り行い、後日、お別れの会を予定。喪主は、妻で映画プロデューサーの、大林恭子氏が務める。

『時をかける少女』でデビューした原田さんは「在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします」とTwitterに思いを綴り、また、『青春デンデケデケデケ』に出演した浅野忠信も「ありがとうございました 一緒に映画を撮った日々を忘れません」とTwitterを更新。

岩井俊二監督は「ちょっとすぐには受け止められない。 エネルギッシュな新作にコメントを書かせて頂いたばかりでした」とまだ信じられないといった様子で、「訃報を聞いて呆然としている」と綴った行定勲監督は「恩師を失ってしまったような気持ちだ。この時、拙作『遠くの空に消えた』を『僕が撮ったらあんな爽やな風のような映画にならない』と気に入ってくださった」と2ショット写真をアップするなど、出演者や映画関係者、映画ファンから悲しみの声が相次いでいる。

『海辺の映画館ーキネマの玉手箱』は近日公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top