ティモシー・シャラメ主演『Dune』のファーストルックが公開

フランク・ハーバートのSF小説「デューン」を原作としたリメイク映画『Dune』(原題)のファーストルックが、「Vanity Fair」誌で公開された。

最新ニュース ゴシップ
『DUNE』 (C) APOLLO
  • 『DUNE』 (C) APOLLO
  • 『DUNE』 ポスター(C) APOLLO
  • ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督 (C) Getty Images
フランク・ハーバートのSF小説「デューン」を原作としたリブート映画、『Dune』(原題)のファーストルックが「Vanity Fair」誌で公開された。

今作は『ブレードランナー 2049』のドゥニ・ヴィルヌーブ監督がメガホンを取り、ティモシー・シャラメが主役のポウル・アトレイデスを演じる。

デヴィッド・リンチ監督によるオリジナル版の『デューン/砂の惑星』(1984)では、ポウル役をカイル・マクラクランが務めた。

今回公開されたファーストルックは、ティモシー演じるポウルが生まれ故郷の惑星カラダンのビーチに佇んでいる画像。ティモシーは「ポウルにすぐに引きつけられたのは、非常に細かくて規模も大きい、世界を作り上げていくような物語の中で、主人公がアンチヒーロー的な旅をするということなんだ」と語っている。


黒尽くめの衣装に身を包み、うつむくティモシーの画像は、ファンたちに『スター・ウォーズ』シリーズのダークヒーロー、カイロ・レン(アダム・ドライバー)を彷彿させたようだ。『スター・ウォーズ』でお馴染みの武器ライトセーバーをティモシーの手に合成して持たせたり、「『ティモシー・シャラメがカイロ・レンのコスプレをしてコミコンに向かう』の図に見えるのはなぜ?」というコメントが寄せられている。

実際に、ヴィルヌーブ監督は2018年に『スター・ウォーズ』を意識したコメントを残している。「『スター・ウォーズ』の中心的なアイデアは、(小説の)『デューン』からきているものなんだ。だからこの映画に取り組むのは難しいけれどやりがいがある。自分が観たことのない『スター・ウォーズ』映画(のようなもの)を作ることを熱望している」と語っていた。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top