村上虹郎、藤原季節ら出演“20年代の青春映画”『佐々木、イン、マイマイン』に参加

藤原季節を主演に迎えた新鋭・内山拓也監督による“20年代の青春映画”『佐々木、イン、マイマイン』が、2020年秋、劇場公開決定。超特報と共に村上虹郎の出演が明らかになった。

映画 邦画ニュース
いま最も旬な俳優のひとり、藤原季節を主演に迎えた新鋭・内山拓也監督による“20年代の青春映画”『佐々木、イン、マイマイン』が、2020年秋、劇場公開決定。超特報と共に村上虹郎の出演が明らかになった。

本作は、「King Gnu」の「The hole」や平井堅の「#302」、Uruの「あなたがいることで」のミュージックビデオなどで知られる業界大注目の内山拓也監督が手掛ける長編映画。

主演の藤原さんをはじめ、細川岳、萩原みのり、遊屋慎太郎、森優作、小西桜子、河合優実、井口理(King Gnu)、鈴木卓爾など、20年代の映画界を担う期待の新星から実力派俳優まで、幅広いキャストが出演。カリスマ的存在だった高校生とその仲間たちのドラマを通して、青春時代特有のきらめきともう戻らない日々への哀愁をストレートに描き出す。



今回解禁となった超特報は、藤原さんらキャストの印象的なショットが連なるもの。映像に登場する村上さんが演じるのは、藤原さん扮する主人公・悠二と、テネシー・ウィリアムズ戯曲の舞台「ロング・グッドバイ」で共演する俳優・須藤役。劇中劇の役柄=ジョーにちなんだコメントも到着している。

「“社会意識が落ちてるぞジョー” 劇中劇にそんな台詞があったっけ。シルバに叱られるよな、こんなに家に閉じ籠もってたらさ。内山組、熱いっす。」(村上虹郎)

なお、本作へのクラウドファンディングが「Motion Gallery」にて実施中。メイキング写真贈呈や、エンドクレジットへの掲載、完成披露試写会招待、内山監督・細川さんとの記念写真撮影など様々な特典が容易されている(締切は4月30日23時59分)。


あらすじ


主人公・三谷悠二は、俳優になるために上京したものの鳴かず飛ばずの日々を送っていた。別れた彼女のユキとの同棲生活も未だに続き、彼女との終わりも受け入れられない。そんなある日、高校の同級生・多田と再会した悠二は、在学当時に絶対的な存在だった“佐々木”との日々を思い起こす。

やがて、ある舞台に出演することになった悠二だったが、稽古が進むにつれ、舞台の内容が過去と現在にリンクし始め、日常が加速していく。そんな矢先、数年ぶりに佐々木から着信が入り、悠二の脳内に「佐々木コール」が鳴り響いた――。

『佐々木、イン、マイマイン』は秋、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top