大沢たかお主演『AI崩壊』VFXの舞台裏公開「骨の折れる作業」

『AI崩壊』のBlu-ray&DVDリリースに先駆け、VFXの舞台裏が明かされる特典映像の一部が公開された。

映画 邦画ニュース
『AI崩壊』VFXの舞台裏公開(C)2019映画「AI崩壊」製作委員会
  • 『AI崩壊』VFXの舞台裏公開(C)2019映画「AI崩壊」製作委員会
  • 『AI崩壊』VFXの舞台裏公開(C)2019映画「AI崩壊」製作委員会
  • 『AI崩壊』Blu-ray&DVD(C)2019映画「AI崩壊」製作委員会
  • 『AI崩壊』プレミアム・エディション(C)2019映画「AI崩壊」製作委員会
2030年の日本を舞台に予測不能な展開、アクション満載のスピード感溢れる緊迫の逃亡劇を描き出す、入江悠完全オリジナル脚本映画『AI崩壊』。この度、本作のBlu-ray&DVDリリースに先駆け、VFXの舞台裏が明かされる特典映像の一部が公開された。

>>『AI崩壊』あらすじ&キャストはこちらから

AIが人間の生活に欠かせない存在となった10年後の日本を舞台に描く本作。物語の鍵となるAI「のぞみ」のほかにも、印象的なAIとして登場するのが、警視庁の試験運用段階という設定の「百眼」。

到着した映像では、VFXスーパーバイザーを務めた赤羽智史が、医療AIとして柔らかな印象のデザインである「のぞみ」に対して、「百眼」は武骨でちょっと硬いイメージで作られていると語る。

これを駆使して、大沢たかお演じるAI開発者・桐生を追跡。この指揮を執る捜査官・桜庭(岩田剛典)の前には、壁三面大きなグリーンバックが設置され、両脇には街中に張り巡らされた監視カメラの映像が。

『AI崩壊』VFXの舞台裏公開(C)2019映画「AI崩壊」製作委員会
この監視カメラに映る映像も撮影され、膨大な作業に「非常に骨の折れる作業」とふり返っており、1カットで100以上の映像を使っているところもあると明かしている。

また、「百眼」シーンの撮影中、AI監修の先生の一言で監視カメラの映像が、劇中で“3D演算モード”といわれる立体的なものに変わったというエピソードも飛び出す。さらに、撮影したものに対して編集段階にも変更が加えられていったそうで、赤羽さんは「入江監督は非常に編集もうまくて、撮影が仕上がったものから、編集の段階で伝えるべき情報を整理していって、どんどん変わっていくんですね。こういう編集にしたからこういうものを映してくれ、こういう情報をここで与えてくれ、という指示が来て作っていっています」と話している。


『AI崩壊』Blu-ray&DVDは5月20日(水)リリース。

<『AI崩壊』Blu-ray&DVDリリース概要>

5月20日(水)Blu-ray&DVD発売・レンタル開始
■【初回仕様】AI崩壊 ブルーレイ&DVD プレミアム・エディション(3枚組)¥6,980(税込)
■AI崩壊 ブルーレイ&DVDセット(2枚組)¥4,980(税込)
■レンタルブルーレイ・DVD 
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
(C)2019映画「AI崩壊」製作委員会
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top