仲間由紀恵、日本版「24」出演で唐沢寿明と再共演

唐沢寿明主演でリメイクする今秋放送予定の「24 JAPAN」。この度、仲間由紀恵が本作のキーパーソンとなる日本初の女性総理候補・朝倉麗役で出演することが分かった。

最新ニュース スクープ
唐沢寿明主演でリメイクする今秋放送予定の「24 JAPAN」。この度、仲間由紀恵が本作のキーパーソンとなる日本初の女性総理候補・朝倉麗役で出演することが分かった。

本作は、アメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が、凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた海外ドラマ「24」を、テレビ朝日が20世紀FOX社と組んでリメイク。

唐沢さんが日本版ジャック・バウアーにあたる獅堂現馬を演じる本作では、“米国史上初のアフリカ系アメリカ人大統領”が誕生するまでの24時間を描くオリジナル版シーズン1をベースに、“日本初の女性総理”誕生への期待が高まる総選挙当日の24時間を描いていく。

そして今回、新たに仲間さんの出演が決定。「“初めてこんなにドラマにハマった”という作品でした。面白くて見るのを止められずに、まさに寝ないで見ていたドラマです」とオリジナルシリーズのファンだという仲間さんが演じるのは、国民からの支持も厚く、日本初の女性総理になるのではと期待されている「民生党」の党首・朝倉麗。

息子と娘を持つ母親でもある朝倉。夫とは二人三脚で政治活動を行い、人間関係を大切にし、権力に屈しないクリーンなイメージが強いが、実は“裏の顔”も。そして運命の総選挙当日、自らの暗殺計画が発覚、家族にまつわる大トラブルまで起きてしまう。

「クランクイン前からすごく緊張しています」と心境を明かした仲間さんは、「私が演じる朝倉麗は総理候補ですので、とても賢く、強い信念を持つ女性。そんな女性を演じるのかと思うと、少し尻込みしてしまいますが…頑張ってなりきりたいと思います」と意気込み。

さらに「唐沢さんとご一緒ということで楽しみにしています」と仲間さん。2人は1月に放送されたスペシャルドラマ「ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女」で初共演しているが、連続ドラマで共演するのは今回が初めて。「今回は唐沢さんに守られる役ですので、厚い信頼を寄せながら(笑)、共演シーンを楽しみたいと思います」と期待している。

テレビ朝日開局60周年記念連続ドラマ「24 JAPAN」は10月~放送予定(全24話)。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top