「悲劇を食い止めたい」男たちの告発の行方…『グレース・オブ・ゴッド』予告

フランソワ・オゾン監督作『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』の公開日が7月17日(金)に決定し、メインビジュアルと予告編が到着した。

映画 洋画ニュース
フランスを震撼させた神父による児童への性的虐待事件を、フランス映画界のトップにして最先端に立つフランソワ・オゾン監督が描く映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』。この度、本作の公開日が7月17日(金)に決定し、メインビジュアルと予告編が到着した。

>>『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』あらすじ&キャストはこちらから

幼少期にプレナ神父に性的虐待をされたアレクサンドル。その神父がいまも子どもたちに教えているという事実を知る…。今回到着した予告編では、性的虐待のトラウマに苦しむ男たちが告発するまでの「葛藤」、社会や家族との軋轢といった告発したことによる「代償」、そしてそれでも告発によって確かに生まれた「希望」の断片が映し出されていく。“人生をかけた告発”の重みが感じられる映像となっている。


また、同時に到着したのは、プレナ神父とアレクサンドルが光の中で向き合う、「沈黙は、捨てた。」というコピーが書かれたメインビジュアル。また、何者かを見上げている少年の姿も捉えられている。

『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』は7月17日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top