『わたしはロランス』ほかアップリンク傑作選、一律500円で上映

アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺が6月1日(月)の劇場再開初日に『エンドレス・ポエトリー』『わたしはロランス』などのアップリンク配給傑作選を一律500円の鑑賞料金にて上映する。

最新ニュース スクープ
『わたしはロランス』
  • 『わたしはロランス』
  • 『リアリティのダンス』
  • 『エンドレス・ポエトリー』
  • 『ホドロフスキーのDUNE』
  • 『トム・アット・ザ・ファーム』
  • 『顔たち、ところどころ』
  • 『スプリング・フィーバー』
  • 『アカルイミライ』 アカルイミライ製作委員会:アップリンク、デジタルサイト、クロックワークス、読売テレビ
アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺が6月1日(月)より劇場営業再開、当日のみ『エンドレス・ポエトリー』『わたしはロランス』などのアップリンク配給傑作選を一律500円の鑑賞料金にて上映することを発表した(※東京都が3段階に分けて実施する休業要請の緩和措置ロードマップを「ステップ2」へ6月1日に移行する方針を発表した場合)。

緊急事態宣言に伴い、4月8日(水)より臨時休館していたアップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺。6月1日(月)の劇場再開初日はアップリンク配給傑作選を一律500円の鑑賞料金にて上映、6月2日(火)より通常営業を開始する。

併せて、アップリンクでは、「この度の新型コロナ感染拡大による営業自粛における負担増によりこれまで通りの運営が困難であると判断」の上、料金の改定を発表している。

アップリンク渋谷 改定対象料金


※6月2日(火)鑑賞分より
【一般】 1,800円→(改定後)1,900円

アップリンク渋谷・アップリンク吉祥寺 改定対象料金


※6月12日(金)鑑賞分より
【アップリンク会員平日】 1,000円→(改定後)1,100円

各劇場の6月1日(月)の上映ラインアップは以下の通り。

アップリンク渋谷
『リアリティのダンス』 監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
『エンドレス・ポエトリー』監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
『ホドロフスキーのDUNE』監督:フランク・パヴィッチ

アップリンク吉祥寺
『わたしはロランス』監督:グザヴィエ・ドラン
『トム・アット・ザ・ファーム』監督:グザヴィエ・ドラン
『顔たち、ところどころ』監督:アニエス・ヴァルダ、JR
『スプリング・フィーバー』監督:ロウ・イエ
『アカルイミライ』監督:黒沢清
※6月2日(火)以降の上映ラインアップは各劇場のHPを確認のこと。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top