SKE須田亜香里、麻雀漫画「打姫オバカミーコ」実写化で映画初主演!“プロ”萩原聖人と共演

「SKE48」の須田亜香里が漫画「打姫オバカミーコ」を原作にした映画で初主演、劇場上映ならびにテレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA」にて独占先行配信されることになった。

映画 邦画ニュース
「SKE48」の須田亜香里が漫画「打姫オバカミーコ」を原作にした映画で初主演、劇場上映ならびにテレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA」にて独占先行配信されることになった。

原作は、麻雀漫画専門誌「近代麻雀」で約6年間連載された人気麻雀漫画。駆け出しの女流プロ雀士・丘葉未唯子(以下、ミーコ)が、プロ競技麻雀の世界を諦めた元王者・波溜晴との出会いをきっかけに、女流リーグの頂点を目指すことを決意。

対照的な2人が二人三脚で麻雀界の頂点を目指す中で挫折や葛藤を経験しながらも、成長、そして恋に落ちていくさまを描く麻雀ラブストーリー。

『打姫オバカミーコ』(C)AbemaTV,Inc.
対局の場面では、勝利するための戦略上重要なポイントが分かりやすく解説されており、初心者や中級者にとって戦術を楽しみながら学べる麻雀のバイブルとしても高く評価され、長年人気を博している。

主人公ミーコを演じるのは、プロ麻雀リーグ「Mリーグ」の魅力を伝える番組「熱闘!Mリーグ」のMCを務め、本作が映画初主演となる「SKE48」の須田さん。普段から明るく真っ直ぐな性格で多くのファンに愛される須田さん自身のキャラクターに近しい、思わず応援したくなる等身大の主人公を演じる。

須田亜香里
本作に主演が決まり「すごく嬉しかった」という須田さん。「熱闘MリーグのアシスタントMCに就任したことがきっかけで麻雀を0から学び始めた私が、まさか麻雀の作品に主演で携わるとは、想像できなかったことで人生何があるか分からないなと思いました」とコメント。

また、ミーコの師匠・波溜役を演じるのは、日本アカデミー賞優秀助演男優賞を2度受賞し、俳優として高い演技力が評価されている一方、プロ雀士としても実力を備え、現役Mリーガーとして活躍中の萩原聖人。

萩原聖人
“プロ雀士”萩原さんは「本格的な麻雀作品は初めてでしたが『波溜晴』は自分に近い部分もあると感じていたので、素直に作品と向き合っていく事ができました」とコメント、ミーコ役の須田さんにも「ピッタリの役だったので僕自身も自然と愛情を持つ事ができました」と明かしている。

さらに今後発表する追加キャストも、「Mリーグ」が全面バックアップのもと、現役Mリーガーの中から出演を予定しており、それぞれの雀士の策略や白熱した対局の様子などが本格的に描かれるという。

なお、「ABEMA」では映画にはないオリジナルストーリーも含めた特別版をABEMAプレミアム会員向けに独占先行配信する予定。

映画『打姫オバカミーコ』は近日公開予定。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top