映画館で会いましょう…プロモ映像完成!柳俊太郎がナレーション

映画館へと再びファンをいざなうプロモーション映像「映画館で会いましょう」がYouTubeで公開された。

最新ニュース スクープ
「映画館で会いましょう」キービジュアル
  • 「映画館で会いましょう」キービジュアル
  • 柳俊太郎
  • 『猿楽町で会いましょう』 (C)2019オフィスクレッシェンド
新型コロナウイルスの感染拡大により臨時休業を余儀なくされていた映画館が、5月25日の緊急事態宣言の解除を受け、6月1日(月)から随時営業再開されている。そんな中、映画館へと再びファンをいざなうプロモーション映像「映画館で会いましょう」がYouTubeで公開された。

参加映画館は、アップリンク渋谷、シネクイント・ホワイトシネクイント、シネマヴェーラ渋谷、イメージフォーラム、ユーロスペースと、いずれも渋谷にあるミニシアター。映像には、人通りの少ない渋谷の街並みから始まり、それぞれの映画館の外観、シートやスクリーン、再開に向けて掃除や除菌にと動き回る映画館スタッフたちの姿など、各映画館の個性が伝わるショットが収められている。


本映像を企画したのは、金子大地&石川瑠華がW主演した長編映画1作目『猿楽町で会いましょう』が6月5日からホワイトシネクイントで公開予定だった児山隆監督。今回のプロモーション映像を通して、映画館のある日常が戻り、映画業界が再び賑わうことを願い、その想いを映像にした。

そして、『猿楽町で会いましょう』にも出演し、『東京喰種 トーキョーグール【S】』や『おいしい家族』などに出演してきた俳優で「MEN'S NON-NO」モデルの柳俊太郎が本企画に賛同、ナレーションを務めている。

柳俊太郎
完成した映像は、映画館でも流れるよう準備中だという。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top