17歳の少年が罪を犯してまで守りたかったもの…長澤まさみ主演『MOTHER』ショート予告

長澤まさみが主演、阿部サダヲ、新人・奥平大兼らが参加する大森立嗣監督の最新作『MOTHER マザー』。この度、その公開初日が7月3日(金)に決定、息子目線で語られる「ショート予告-SON篇-」が解禁された。

映画 邦画ニュース
長澤まさみが主演、阿部サダヲ、新人・奥平大兼らが参加する大森立嗣監督の最新作『MOTHER マザー』。この度、その公開初日が7月3日(金)に決定、息子目線で語られる「ショート予告-SON篇-」が解禁された。

>>『MOTHER マザー』あらすじ&キャストはこちらから

17歳の少年が起こしたひとつの殺害事件。少年が罪を犯してまで守りたかったものとは――? 実話をベースにし、既成の価値観では測れない親子のあり方を問いかけた本作。公開日は当初予定していた7月3日(金)に決定し、100館以上で公開される邦画作品として、先陣を切る形となる。

今回解禁となった映像は、17歳に成長した周平(奥平大兼)が、母親・秋子(長澤まさみ)に幼少期の頃のように名前を呼ばれたことをきっかけに、幼い頃から現在にいたるまでの周平の心層をたどるショート予告。幸せな家庭を象徴するかのように響くのは、定番クラシックの名曲として知られるフランツ・リスト作曲のピアノ曲「愛の夢」。もしかしたら、こんな幸せもあったのかもしれないという“if”を感じさせる切ない映像に仕上がっている。


なお、今週末より前売鑑賞券ムビチケカード1,500円(税込)も発売開始、劇場窓口で購入の際は『MOTHER』携帯マスクケース付(※数量限定、非売品。一部劇場除く)。

『MOTHER マザー』は7月3日(金)よりTOHO シネマズ日比谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top