ダニエル・ラドクリフ、J.K.ローリングの反トランスジェンダーツイートを謝罪

過去にも「反トランスジェンダー」的な行動で批判されたことのあるJ.K.ローリングが、再びトランスジェンダー嫌悪と取られるツイートを行い、炎上している。

最新ニュース ゴシップ
ダニエル・ラドクリフ -(C) Getty Images
  • ダニエル・ラドクリフ -(C) Getty Images
  • J.K.ローリング-(C)Getty Images
  • ダニエル・ラドクリフ-(C)Getty Images
  • ダニエル・ラドクリフ-(C)Getty Images
過去にも「反トランスジェンダー」的な行動で批判されたことのあるJ.K.ローリングが、再びトランスジェンダー嫌悪と取られるツイートを行い、炎上している。

事の発端は、ローリングがツイッターに「意見:新型コロナウイルス後の世界を、生理がある人たちにとってより平等なものにするために」という記事を引用し、「“生理がある人たち”という人を表す言葉があったはずでしょう? だれか教えて」ととぼけたように疑問を投げかけ、それが「女性(Women)」であることを示唆したのだった。


これを受け、ダニエル・ラドクリフが反応し、LGBTQ+の若者たちを支援する「The Trevor Project」にエッセイを寄稿した。「ジョー(ローリング)は間違いなくぼくの人生を導いてくれた人だけれど、ぼくはこの10年間誇りを持って『The Trevor Project』に携わってきたし、それにただ一人の人間として、いま何かを言わざるを得ないと感じました」と声を上げる理由をつづった。

「トランスジェンダーの女性は、女性です」とはっきりと言い切るダニエル。「これに反対することは、トランスジェンダーの人々からアイデンティティと尊厳を抹消するということ。また、この件についてジョーやぼくよりはるかに専門知識を持っている医療界の専門家たちの意見に反するということです」と主張した。

「本を読んだという体験が汚されてしまった、傷ついたというすべての人。コメントによって苦しんだ人に心から申し訳なく思います」と「ハリー・ポッター」というタイトルは出さなかったものの、同シリーズの読者とみられる人への謝罪も行った。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top