新生スターのロザリア、ペネロペ・クルスと歌声披露『ペイン・アンド・グローリー』メイキング

アントニオ・バンデラス主演映画『ペイン・アンド・グローリー』。この度、ロザリアがアカペラで歌う本作のメイキングムービーが到着した。

映画 洋画ニュース
『ペイン・アンド・グローリー』(C)El Deseo.
  • 『ペイン・アンド・グローリー』(C)El Deseo.
  • 『ペイン・アンド・グローリー』(C)El Deseo.
  • 『ペイン・アンド・グローリー』(C)El Deseo.
  • 『ペイン・アンド・グローリー』(C)El Deseo.
  • 『ペイン・アンド・グローリー』(C)El Deseo.
スペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督の最新作で、監督自身のキャリアにおける葛藤も含め自伝的なところも描かれているアントニオ・バンデラス主演映画『ペイン・アンド・グローリー』。この度、ロザリアがアカペラで歌う本作のメイキングムービーが到着した。

>>『ペイン・アンド・グローリー』あらすじ&キャストはこちらから

第62回グラミー賞の授賞式でも注目を集めたスペインの新生スター、ロザリア。映像では、アルモドバル監督とスカーフを一緒に選ぶ様子といった撮影の舞台裏が映し出されスタート。

本作には、監督のミューズであるペネロペ・クルスが、主人公の幼少期回想シーンにて、母ハシンタ役で特別出演しており、ロザリアは役名そのままに、ペネロペとの共演。

4人の女性が川辺で洗濯をしながら談笑し、「何か歌って」というリクエストから声を重ね合う、美しく、逞しい女性たちが映し出されている。


この歌唱シーンについてアルモドバル監督は「主人公サルバドールの最も幸せだった記憶のひとつ。川岸の葦とメグサハッカの茂みの中で、洗濯物を楽しそうに広げる母親がそこにいる」とコメントしている。

『ペイン・アンド・グローリー』は6月19日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top