クリステン・スチュワート、故ダイアナ妃役で映画『Spencer』主演へ

クリステン・スチュワートが映画『Spencer』(原題)の主演に決定。故ダイアナ妃を演じることになったという。

最新ニュース ゴシップ
クリステン・スチュワート Photo by Frazer Harrison/Getty Images故ダイアナ妃 (C) Getty Images
  • クリステン・スチュワート Photo by Frazer Harrison/Getty Images故ダイアナ妃 (C) Getty Images
  • 故ダイアナ妃 -(C) Getty Images
  • クリステン・スチュワート-(C)Getty Images
  • 故ダイアナ妃 (C) Getty Images
  • Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images
  • クリステン・スチュワート-(C)Getty Images
  • 故ダイアナ妃 -(C) Getty Images
クリステン・スチュワートが映画『Spencer』(原題)の主演に決定。故ダイアナ妃を演じることになったという。「Deadline」など複数のメディアが報じた。

監督は『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』のパブロ・ラライン。「クリステンは今日の素晴らしい俳優の1人。彼女はいろんなことができる。すごく神秘的だったり、もろさを醸し出したり。突き詰めていくとそこには力強さがある。まさに私たちが求めていたことなんだ」とクリステンをキャスティングした理由を明らかにしている。

Photo by Pascal Le Segretain/Getty Imagesクリステン・スチュワート
また、『Spencer』のメガホンを取ることへの興奮も。チリ出身のラライン監督は、「ロイヤルファミリーにはいつも興味を持っていたし、魅力を感じていた。私が生まれ育った地にはないものだから。ダイアナ元妃は本当にパワフルなアイコン。女性だけでなく、世界中の何百万人もの人たちが、彼女の人生に共感を抱いた」と王室とダイアナ元妃への想いを語った。映画では「彼女が、チャールズ皇太子に出会う前の自分に戻りたいと決断するまでの物語を描く」という。

具体的には、ダイアナ元妃がサンドリンガムに滞在中、チャールズ皇太子との結婚に終止符を打つと決める1990年代のクリスマス休暇の3日間が描かれる。

脚本は「ピーキー・ブラインダーズ」のスティーヴン・ナイトが手掛ける。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top