『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』ほかジブリ映画が劇場上映!

スタジオジブリ作品『風の谷のナウシカ』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』、『ゲド戦記』の4作品が、6月26日(金)より全国372館にて上映されることが決定した。

映画 邦画ニュース
スタジオジブリ作品『風の谷のナウシカ』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』、『ゲド戦記』の4作品が、6月26日(金)より全国372館にて上映されることが決定した。

「金曜ロードSHOW!」枠などで度々TV放送がされるスタジオジブリ作品だが、今回<一生に一度は、映画館でジブリを。>という思いから、4作品が劇場で再上映される。

1984年に公開された映画史に残る名作『風の谷のナウシカ』は、宮崎駿監督の原点とも言われ、文明社会が戦争によって滅んだ1,000年後の地球を舞台に、強く優しい絶対的ヒロインのナウシカが、人々を救うために奔走する物語が描かれる。


また、公開当時日本映画の興行収入記録を塗り替え、世界も驚愕した圧倒的な大傑作『もののけ姫』(’97)は、自然界と人間との関わりについて描いた壮大な物語。石田ゆり子、田中裕子、小林薫、西村雅彦、森光子ら豪華俳優陣が声優を務めるところも見どころのひとつだ。


そして、第75回アカデミー賞長編アニメ映画賞、第52回ベルリン国際映画祭金熊賞など世界の映画賞も受賞した『千と千尋の神隠し』(’01)は、現代っ子の千尋を主人公とした物語。様々な体験や冒険をとおして、生きる力を取り戻していく…。声優陣には、柊瑠美、入野自由、夏木マリ、内藤剛志、沢口靖子らに加え、当時8歳だった神木隆之介も出演しており、本作がスタジオジブリ作品デビューとなった。


さらに、「指輪物語」「ナルニア国物語」に並ぶファンタジー文学の傑作を原作とした冒険ファンタジー『ゲド戦記』(’06)。宮崎監督の息子吾朗さんが監督を務め、岡田准一、手嶌葵、田中裕子、香川照之、風吹ジュンら豪華俳優陣が声の出演をしている。


『風の谷のナウシカ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ゲド戦記』は6月26日(金)より全国372館にて上映。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top