血塗られた歴史とあの伝説が現代に蘇る…極上ホラー『ラ・ヨローナ ~彷徨う女~』公開

世界の映画祭で絶賛されたホラー映画『ラ・ヨローナ ~彷徨う女~』が7月10日(金)に日本公開決定。ポスタービジュアルと予告編が到着した。

映画 洋画ニュース
第76回ヴェネチア国際映画祭ヴェニス・デイズ部門受賞、第32回東京国際映画祭コンペティション部門選出など、世界の映画祭で絶賛されたホラー映画『ラ・ヨローナ ~彷徨う女~』が7月10日(金)に日本公開決定。ポスタービジュアルと予告編が到着した。

「泣いたら、殺す」という言葉と共に、母親と子どもたちは兵士に殺害された。大勢の犠牲者を出したグアテマラの軍事政権による大虐殺から30年が経ち、当時将軍だったエンリケは、虐殺を指揮した容疑で裁判にかけられるが、証拠不十分として無罪に。家族と共に屋敷に戻ったエンリケの耳に、その夜から不思議な泣き声が聞こえるようになる。ある日、新しいメイドのアルマがやってくる。やがて、彼女の周囲で奇妙なことが起き始める――。

『ラ・ヨローナ ~彷徨う女~』(C)  COPYRIGHT LA CASA DE PRODUCCION - LES FILMS DU VOLCAN 2019
第65回ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞した『火の山のマリア』のハイロ・ブスタマンテ監督が手掛ける本作は、25万人の死者を出したと言われる36年もの長きに渡ったグアテマラの内戦の血塗られた歴史をベースに、『死霊館シリーズ』でも描かれている中南米に古くから伝わる怪奇伝説「ラ・ヨローナ」を取り入れ、恐ろしくも美しい映像を作り上げた。

『ラ・ヨローナ ~彷徨う女~』(C)  COPYRIGHT LA CASA DE PRODUCCION - LES FILMS DU VOLCAN 2019
公開決定と同時に到着した映像では、内戦時の事件をめぐる歴史的裁判が続く中、事実無根だと自身の正当性を訴える元将軍エンリケと、その家族の様子が映し出される。そして、女のすすり泣く声、混乱の中新しいメイドが突如姿を現し、意味深な表情を向ける場面も確認することができる。


さらにポスタービジュアルは、水面に浮かぶ謎のメイド・アルマの姿が写し出されている。

『ラ・ヨローナ ~彷徨う女~』は7月10日(金)よりシネマカリテ、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国にて順次公開。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top