上白石萌音、井上芳雄と『アラジン』の楽曲を歌唱「僕らのミュージカル・ソング2020」

井上芳雄がホストを務める「僕らのミュージカル・ソング2020」。この度、第一夜の曲目が明らかに。さらに、すでに発表されている出演者のコメントも到着した。

最新ニュース スクープ
「僕らのミュージカル・ソング2020」第一夜
  • 「僕らのミュージカル・ソング2020」第一夜
  • 「僕らのミュージカル・ソング2020」第一夜
  • 「僕らのミュージカル・ソング2020」第一夜
  • 「僕らのミュージカル・ソング2020」第一夜
  • 「僕らのミュージカル・ソング2020」第一夜
  • 「僕らのミュージカル・ソング2020」第一夜
  • 「僕らのミュージカル・ソング2020」第一夜
  • 「僕らのミュージカル・ソング2020」第一夜
2夜にわたって放送される、井上芳雄がホストを務める「僕らのミュージカル・ソング2020」。この度、第一夜の曲目が明らかに。さらに、すでに発表されている出演者のコメントも到着した。

同番組は、“いまだからこそ聴きたいミュージカル・ソング”をテーマに、6月と7月に放送する特別番組。第一夜には、今年の上演が中止となってしまったミュージカル3作品から出演者が登場、代表曲を歌唱する。


『「ウエスト・サイド・ストーリー」Season3』より浦井健治、柿澤勇人、桜井玲香、伊原六花による「トゥナイト」、浦井さんと柿澤さんによる「マリア」。「エリザベート」より井上さんが「最後のダンス」を。「ミス・サイゴン」より昆夏美が「命をあげよう」、屋比久知奈と小野田龍之介が「サン・アンド・ムーン」を披露。


浦井さんは「残念ながら公演はできませんでしたが、今回歌唱出来たことで、この役を昇華というか、ひとつの“けじめ”がつけられたのかな、と感謝しています」と思いを明かし、柿澤さんも「今回公演が中止になって何かで残したいという思いがあったのでこのような機会を頂けて感謝しています」とコメント。


桜井さんは「今なかなか劇場で直接聴くことができない素晴らしい楽曲がたくさん放送されるのでご自宅で楽しんで頂けたら嬉しいです」と言い、伊原さんは「ミュージカルの曲は聞くだけで元気を貰えると思います。『ウエスト・サイド・ ストーリー』の世界を感じて頂けたら嬉しいです」とメッセージ。


昆さんは「本来なら公演をしていたこの時期に、この劇中衣装を着て歌うことができて本当に胸がいっぱいです。開幕に向けて稽古を重ねてきた『ミス・サイゴン』メンバー皆の思いを背負って心を込めて歌いました!」と歌唱に込めた思いを述べる。


「とっても緊張しました」とふり返った屋比久さんは、「再演の機会があった時に見たいなと思 って頂ければ嬉しいです」と話し、小野田さんも「アクリルボードを挟んでのデュエットに戸惑いつつも楽しみました(笑)やっぱり皆でなにかを作り上げるって最高ですね!まだミュージカル公演が再開できてない今、きっと記憶に残る番組になるのではないかと思います」と語っている。


さらに、上白石萌音が「カラー・オブ・ザ・ウィンド」(『ポカホンタス』より)と、井上さんとのデュエットで「A Million Miles Away」(『アラジン』より)を爽やかに歌い上げる。


上白石さんは「今日パフォーマンスできてやっぱり歌って楽しいなと実感しました。距離をとって歌うなど制限はあるにしても誰かと声を合わせて歌うことで繋がりを感じて幸せでした」と参加した感想を語り、「ミュージカルファンのみなさんにとっては楽しみにしていた舞台が見られなくてすごく辛い時期だと思います。形は少し変わったとしても、また劇場に行けるその日までずっと舞台を好きでい続けていて下さい!私も心待ちにしているひとりです。一緒に辛抱強く待ちましょう!」とコメントを寄せている。


さらに本番組のホストを務める井上さんは「現在のミュージカル界の様子がわかる、内容の濃い番組になりました。みなさんに元気をお届けできれば嬉しいです!」と仕上がりに自信をみせた。


また、番組では出演者によるトークコーナーも。長きにわたり「エリザベート」の演出を務める小池修一郎(宝塚歌劇団)と井上さんのトークコーナーでは、「エリザベート」を含めた2人それぞれの上演することが叶わなかった作品を通して、心境や状況をふり返る。

「僕らのミュージカル・ソング2020」第一夜は6月20日(土)20時~、第二夜は7月25日(土)21時~WOWOWプライムにて放送。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top