8歳の難民少年による奇跡の実話『ファヒム パリが見た奇跡』予告&ポスター

難民としてパリにやってきた8歳の少年が、チェスのチャンピオンを目指す実話に基づいた感動作『ファヒム パリが見た奇跡』。本作の予告編とポスタービジュアルが解禁された。

映画 洋画ニュース
難民としてパリにやってきた8歳の少年が、チェスのチャンピオンを目指す実話に基づいた感動作『ファヒム パリが見た奇跡』。本作の予告編とポスタービジュアルが解禁された。

>>『ファヒム パリが見た奇跡』あらすじ&キャストはこちらから

今回解禁された予告編は、わずか8歳で母親と離れ、父親と共に母国バングラデシュから命がけでパリにやってきた少年ファヒム(アサド・アーメッド)が、チェスのトップコーチ、シルヴァン(ジェラール・ドパルデュー)のもとを訪ね、「チャンピオンになる」と宣言するところから始まる。

『ファヒム パリが見た奇跡』 (C)POLO-EDDY BRIERE.
フランス語も分からず、難民申請も困難と告げられるファヒムだが、共にチェスを学ぶ仲間たちの協力を得てフランス全国大会に参戦することに。しかし、その大会でファヒムとシルヴァンは「薄汚い移民をスカウトか」「不法滞在者が勝ってもチャンピオンとして認められない」と罵倒と侮蔑、冷たい仕打ちを受ける様子が映し出される。


さらに、「国に強制送還されれば、引き離されこの子の命が危ない」と心配する父親が、警官に掴まれながら「息子だけは!」と叫ぶシーンも。そんな厳しい状況の中でも、「ママに約束したんだ 僕が迎えに行くって」というひたむきな想いを胸に、必死でチェス盤と向き合うファヒムを応援したくなる内容となっている。

『ファヒム パリが見た奇跡』 (C)POLO-EDDY BRIERE.
また、対戦相手に向けたファヒムの真剣な眼差しが印象的なポスタービジュアルは、「その一手に希望を乗せて」というコピーが添えられたもの。チェス盤を囲むファヒムとシルヴァン、さらに笑顔で応援する仲間たちや、バングラデシュとフランスの国旗の脇で親指を立てる父親とファヒムのカットもあり、師弟の絆や友情、親子の愛情と共に、温かな未来を感じさせるものとなっている。

『ファヒム パリが見た奇跡』は8月14日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top