古川雄大、「エール」で地上波初の歌声披露!山崎育三郎のライバルに!?

連続テレビ小説「エール」で二階堂ふみ演じるヒロイン・音の“ミュージックティーチャー”として話題になった俳優・古川雄大が、本日6月24日(水)に“スター御手洗”として再登場した。

最新ニュース スクープ
“ミュージックティーチャー”改め、スター御手洗こと御手洗清太郎
  • “ミュージックティーチャー”改め、スター御手洗こと御手洗清太郎
  • 古川雄大
連続テレビ小説「エール」で二階堂ふみ演じるヒロイン・音の“ミュージックティーチャー”として話題になった俳優・古川雄大が、本日6月24日(水)に“スター御手洗”として再登場した。

本作は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を生み出した作曲家・古山裕一(窪田正孝)とその妻・音(二階堂ふみ)を描いた物語。

古川さん演じる御手洗清太郎は、4月に放送された第4週「君はるか」で音の歌の先生として登場すると、その個性的なキャラクターが話題の的に。「ミュージックティーチャーと呼んで」と言いかけているところを途中で切られてしまったり、普段の明るい振る舞いとは裏腹に、自身の辛い過去を裕一に告白して涙を誘ったりと、登場回数は少ないながらも強烈なインパクトを残した。

音が上京してからは、豊橋で暮らす御手洗の姿が見られることはなかったため、御手洗の再登場を心待ちにしていたファンも多い。本日24日(水)の放送で、新人歌手募集オーディションに参加するため上京し、音や裕一と再会した御手洗。裕一の親友であり、“福島三羽ガラス”のひとりである“プリンス”佐藤久志(山崎育三郎)も同じオーディションに応募することになり、初対面にして最強のライバルとなる。


古川さんは、ミュージカル「エリザベート」においてミュージカルスターの登竜門といわれる“皇太子ルドルフ”役を2012、2015、2016年と3度務め上げ、以降「ロミオ&ジュリエット」「黒執事」などミュージカルを中心に精力的に活動、2018年「モーツァルト!」ではヴォルフガングとして帝国劇場初主演を務めた。

古川雄大
また、2018年日曜劇場「下町ロケット」では農林協の職員という悪役、今年は日本テレビ系1月期土曜ドラマ「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」では脳外科医が集うバーのマスター・来島達也を好演。映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』では大富豪・フウ家の長男を演じ、近年は映像作品でも存在感を発揮する。

そんな古川さんだが、地上波で美声を披露したことはまだない。明日25(木)の放送ではオーディション当日が描かれるため、古川さん演じる“スター御手洗”の熱く響く歌声が初披露。果たして、オーディションに合格することはできるのか、注目していて。

この投稿をInstagramで見る

来週、御手洗ティーチャーが再登場します! 「エール」という素晴らしい作品の中に、御手洗として見所を作っていただいて感謝です。 御手洗が再登場する理由とは、、 お楽しみに^_^ そしてそして、26日の金曜日に「あさイチ」プレミアムトークに生出演させていただきます! エールについてはもちろん、僕自身のことについても掘り下げて頂けるということでとても幸せに思いながら、たくさんお話出来たらと思っております! #エール #御手洗清太郎 #ミュージックティーチャー #あさイチ #プレミアムトーク

古川雄大(@yuta_furukawa_official)がシェアした投稿 -


「エール」は月曜~土曜NHK総合8時~ほか放送中(※土曜は1週間をふり返り)。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top