キアヌ・リーブス出演の『スポンジ・ボブ』映画最新作、劇場公開なしでVOD配信へ

「スポンジボブ」のアニメ最新作『The SpongeBob Movie: Sponge on the Run』(原題)が、アメリカで劇場公開せずに直接VOD配信されるという。

最新ニュース ゴシップ
キアヌ・リーブス Photo by Matt Winkelmeyer/Getty Images
  • キアヌ・リーブス Photo by Matt Winkelmeyer/Getty Images
  • 『The SpongeBob Movie: Sponge on the Run』(原題)-(C) APOLLO
  • 『The SpongeBob Movie: Sponge on the Run』(原題)-(C) APOLLO
  • 『The SpongeBob Movie: Sponge on the Run』(原題)-(C) APOLLO
  • キアヌ・リーブス-(C)Getty Images
  • キアヌ・リーブス-(C)Getty Images
「スポンジ・ボブ」のアニメ最新作『The SpongeBob Movie: Sponge on the Run』(原題)が、アメリカで劇場公開せずに直接VOD配信されるという。「Variety」誌が報じた。

同作は5月22日に劇場公開予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で8月7日に延期に。その8月公開を取りやめとし、2021年の初めにVOD配信(レンタル)することが決まったという。VOD配信後は、ストリーミングサービスの「CBS All Access」で定額内にて視聴が可能となる。

「CBS All Access」の親会社「バイアコムCBS」の重役たちは、5月に同作の劇場公開を強く望みつつも、「マーケットの動きを観察しながら決める」と語っていた。

そんな中、ほかのアニメ映画『トロールズ ミュージック★パワー』や『弱虫スクービーの大冒険』は劇場公開を中止し、VOD配信を行った。

アメリカでは3大映画館チェーンのAMC、リーガル、シネマークが7月に営業再開することが明らかになっている。

『The SpongeBob Movie: Sponge on the Run』は昨年11月に予告編が公開され、キアヌ・リーブスがタンブルウィード(回転草)としてカメオ出演していることが明らかになり、大きな話題となった。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top