ジョン・トラボルタ、映画オタクのストーカー役で新境地『ファナティック』日本公開

ジョン・トラボルタ主演映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』(原題:THE FANATIC)が、9月4日(金)に日本公開されることが決定。ポスタービジュアルも到着した。

最新ニュース スクープ
『ファナティック ハリウッドの狂愛者』(C) BILL KENWRIGHT LTD, 2019
  • 『ファナティック ハリウッドの狂愛者』(C) BILL KENWRIGHT LTD, 2019
  • ジョン・トラボルタ-(C)Getty Images
  • ジョン・トラボルタ -(C) Getty Images
ジョン・トラボルタ主演映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』(原題:THE FANATIC)が、9月4日(金)に日本公開されることが決定。ポスタービジュアルも到着した。

ハリウッド大通りでパフォーマーをしながら日銭を稼ぐムースは大の映画オタク。人気俳優ハンター・ダンバーの熱狂的なファンであるムースは、いつか彼からサインをもらうことを夢見て、冴えない毎日を送っていた。だが、念願かなって参加したサイン会で思いがけず冷たくあしらわれてしまったことから、ムースの愛情は次第に歪んでいく――。

本作は、キャシー・ベイツがアカデミー主演女優賞を射止めた『ミザリー』、ロバート・デ・ニーロの怪演が話題となった『ザ・ファン』など、名優が渾身の演技で挑むストーカー・スリラーの系譜に新たに名を刻む怪作。

『サタデー・ナイト・フィーバー』のジョンが今作で演じるのは、大の映画オタクで、人気俳優ハンター・ダンバーの熱狂的なファン、ムース。ストーカー役をという、内面から滲み出る狂気や粘着性を見事に体現し、新たな一面を見せる。

ジョン・トラボルタ-(C)Getty Images
また共演には、『キャスパー』「NIKITA/ニキータ」のデヴォン・サワ、「デグラッシ:ネクスト・クラス」で注目を集めたアナ・ゴーリャ。監督は、『奇跡のロングショット』のフレッド・ダースト。ロックバンド「リンプ・ビズキット」のフロントマンでもあるダースト監督が、ファンがストーカーへと変貌していく様を実体験を基にリアルに描いていく。

さらに今回同時に公開されたポスタービジュアルでは、ムースがハリウッドの華やかな街を背に怪しく佇む、不穏なものを感じさせる1枚となっている。

『ファナティック ハリウッドの狂愛者』(C) BILL KENWRIGHT LTD, 2019
『ファナティック ハリウッドの狂愛者』は9月4日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top