「M」主題歌長尺バージョンも!未公開シーン追加の最終回「ABEMA」で配信

「M 愛すべき人がいて」の地上波で放送された最終回に未公開シーンを加えた「ABEMA」オリジナルバージョンが配信開始。主題歌「M」の長尺バージョンやアユとマサの同棲生活の裏側が公開される。

最新ニュース スクープ
「M 愛すべき人がいて」最終回(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
  • 「M 愛すべき人がいて」最終回(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
  • 「M 愛すべき人がいて」最終回(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
  • 「M 愛すべき人がいて」最終回(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
  • 「M 愛すべき人がいて」最終回(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
  • 「M 愛すべき人がいて」最終回(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
  • 「M 愛すべき人がいて」最終回(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
  • 「M 愛すべき人がいて」最終回(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
  • 「M 愛すべき人がいて」最終回(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
「ABEMA(アベマ)」とテレビ朝日の共同制作による最新オリジナル連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」。この度、地上波で放送された最終回に未公開シーンを加えた「ABEMA」オリジナルバージョンが配信開始。主題歌「M」の長尺バージョンやアユとマサの同棲生活の裏側が公開される。

本作は、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまでと、そこに秘められた出会いと別れを描き、大ヒットした話題作。同名小説(小松成美著・幻冬舎刊)を原作にドラマならではのオリジナリティを加えた。

「M 愛すべき人がいて」最終回(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
アユ(安斉かれん)とマサ(三浦翔平)が互いを大切に想い、激しい葛藤の末に選んだ最後の決断に多くの反響を呼んだ「M」最終回。「ABEMA」では、最終回の地上波未公開シーンを含む「ABEMA」オリジナルバージョンを配信開始する。愛し合うアユとマサが、すれ違いの同棲生活の中でも、マサのために朝食を作っておいたり、服を選んだり…愛をはぐくむ仲睦まじい様子が描かれる。


また、ラストシーンではアユがマサに“最後のラブレター”として渡した「M」が長尺で流れるなど、一度見た方も、まだ最終回を見ていない方も最終回がより深く楽しめる内容となっている。

「M 愛すべき人がいて」最終回(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.

最終回あらすじ


A VICTORY社長の大浜(高嶋政伸)は、会議の場で、ホテルから出てくるアユ(安斉かれん)とマサ(三浦翔平)の写真が週刊誌に載るのを事前に防いたと発言。本来ならマサは即解雇だが、その代わりに新しい巨大フェスの開発、映画事業の開発、新人の発掘と売出しという3つのビッグプロジェクトを成功させるよう指示する。マサは、会社全体でアユのことを守ることを条件に、このプロジェクトを引き受けることを決意する。

「M 愛すべき人がいて」最終回(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
一緒に仕事ができなくなるのではないかと不安になるアユ…。マサは「俺はお前でお前は俺だ」とアユを抱きしめ、これまでに教えた曲作りの知識を生かして、自分がいなくても周りにどんどん意見を言うようアドバイスする。いざプロジェクトが始動すると、分刻みのスケジュールに、連日の接待…とマサは酒を飲んで朝帰りする日々が続く。一方、アユは、マサの右腕として復活した流川翔(白濱亜嵐)のサポートでどんどん新しいことにチャレンジし、次々とヒットを飛ばしていく。すれ違う日々の中でも、お互いを信じ、思い合う2人だが…。

「M 愛すべき人がいて」最終回(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
久しぶりに時間が作れそうなマサとランチデートの約束をし、ウキウキするアユ。しかし、そのデートは叶わず…、謝るマサにアユは涙ながらにこれまで我慢してきた不安やいら立ちをぶつけてしまう。“仕事”のために、少しずつ引き離されていく2人。そんなある日、礼香の「アユはマサがいない方がいい歌を作る」というセリフが胸に突き刺さったマサは、ある決意を固めて…。

「M 愛すべき人がいて」最終回(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
自分の気持ちを押し殺し、悲しいシナリオを描き始めるマサ。そして、そんなマサの行動を目の当たりにしたアユが、ショックのあまり姿を消してしまう。その後、恩師の天馬まゆみ(水野美紀)やマサが見守る中、アユはステージへ――。さらに、アユもまたマサに最後のラブレターを送ろうと決意していて…。アユとマサ、2人が下す決断は…? そして歌姫・アユの運命は?

「M 愛すべき人がいて」「ABEMA」最終回オリジナルバージョンは0時5頃より配信開始。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top