『海の上のピアニスト』など続々リバイバル公開、スクリーンで観たい珠玉の名作3選

『ニュー・シネマ・パラダイス』のジュゼッペ・トルナトーレ監督と先日亡くなった映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネがタッグを組んだ『海の上のピアニスト』が日本劇場公開から20年の時を経て、8月21日(金)より色鮮やかな4Kデジタル修復版でスクリーンに蘇る。

映画 洋画ニュース
『海の上のピアニスト』(C)1998 MEDUSA
  • 『海の上のピアニスト』(C)1998 MEDUSA
  • 『海の上のピアニスト』イタリア完全版(C)1998 MEDUSA
  • 『海の上のピアニスト』イタリア完全版(C)1998 MEDUSA
  • 『海の上のピアニスト』イタリア完全版(C)1998 MEDUSA
  • 『海の上のピアニスト』イタリア完全版(C)1998 MEDUSA
  • 『海の上のピアニスト』(C)1998 MEDUSA
  • 『ポネット』(C)1996 StudioCanal - Les Films Alain Sarde - Rhone Alpes Cinema
  • 『ポネット』(C)1996 StudioCanal - Les Films Alain Sarde - Rhone Alpes Cinema
『ニュー・シネマ・パラダイス』のジュゼッペ・トルナトーレ監督と先日亡くなった映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネがタッグを組んだ『海の上のピアニスト』が日本劇場公開から20年の時を経て、8月21日(金)より色鮮やかな4Kデジタル修復版でスクリーンに蘇る。

また、9月4日(金)からは当時日本では公開されなかった、170分にも及ぶイタリア完全版(HDリマスター)も待望の日本初公開に。

現在、新型コロナウイルスの影響で、『風の谷のナウシカ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ゲド戦記』といったジブリ作品、ブルース・リーの『死亡遊戯』、そして『ニュー・シネマ・パラダイス』までも、通常なら劇場では観られない名作中の名作が続々とスクリーンに戻ってきている。その中から、この夏見逃せない名監督の3作品をピックアップした。

>>『海の上のピアニスト』あらすじ&キャストはこちらから

愛くるしい少女のつぶらな瞳とさみしげな顔が目に浮かぶ『ポネット』


『ポネット』(C)1996 StudioCanal - Les Films Alain Sarde - Rhone Alpes Cinema
誰もが味わう、大切な人を亡くすことの悲しみ。痛ましい出来事に向きあう4歳の少女の純粋な姿を通し、「死」という人間の本質的で普遍的なテーマに迫る本作は、初公開から20年以上の時が過ぎたいまも決して古びることはない。

『ポネット』(C)1996 StudioCanal - Les Films Alain Sarde - Rhone Alpes Cinema
主演したヴィクトワール・ティヴィソルが、1996年のヴェネチア映画祭で女優賞を史上最年少で受賞。監督は名匠ジャック・ドワイヨン。日本での劇場初公開は23年前の1997年で、東京の公開館では33週間のロングランを記録する異例の大ヒットとなった。映画史に輝く美しき傑作が、4Kレストアの高精細デジタルリマスター版で蘇る。
―――ユーロスペースにて公開中。

実在の人物の半生を描くデヴィッド・リンチ監督作『エレファント・マン 4K修復版』


『エレファント・マン』(C)1980 Brooksfilms Ltd. All Rights Reserved.
19世紀のイギリス・ロンドンを舞台に、特異な容姿から「エレファント・マン」として見世物小屋に立つジョゼフ・メリック(ジョン・ハート)の生涯と、彼を研究対象として病院で預かるトリーヴズ医師(アンソニー・ホプキンス)や彼を取り巻く人々の交流を、実話をもとにモノクロ映像で描いた作品。

日本では1981年に公開され、同年の公開作品の中で1位の配給収入(当時)を記録し、第53回アカデミー賞にて作品賞を含む8部門にノミネート。いまなお、私たちの心に突き刺さるデヴィッド・リンチ流の詩的な問題作。
―――新宿ピカデリーほか7月10日(金)より公開。

海の上で生まれ、生涯一度も船を下りなかったピアニストの伝説『海の上のピアニスト』


『海の上のピアニスト』(C)1998 MEDUSA
『ニュー・シネマ・パラダイス』のトルナトーレ監督とモリコーネがタッグを組んだ不朽の感動作。煌びやかな豪華客船の内部や、青く透き通るような海など、これまで表現しきれなかった細部まで4Kデジタル修復版で色彩豊かに蘇る。

また、トルナトーレ監督が本当にやりたかった全てを描き切った170分にも及ぶイタリア完全版(HDリマスター)も待望の日本初公開。インターナショナル版としてカットされた40分以上のシーンが復活、タイトルやクレジットロールもイタリア語で演出されるなど、本作のファンが長く待ち望んでいた内容が盛り込まれている。
―――8月21日(金)~4Kデジタル修復版はYEBISU GARDEN CINEMA、角川シネマ有楽町ほか、9月4日(金)~イタリア完全版順次公開。

『海の上のピアニスト』イタリア完全版(C)1998 MEDUSA
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top