常時着席&応援禁止のロックライブ…『LETO -レト-』冒頭映像公開

世界中の映画・音楽ファンを大熱狂の渦に巻きこんだ『LETO -レト-』より、冒頭映像が公開された。

映画 洋画ニュース
『LETO -レト-』(C) HYPE FILM, 2018  
  • 『LETO -レト-』(C) HYPE FILM, 2018  
  • 『LETO -レト-』(C) HYPE FILM, 2018  
  • 『LETO -レト-』(C) HYPE FILM, 2018  
  • 『LETO -レト-』(C) HYPE FILM, 2018  
  • 『LETO -レト-』(C) HYPE FILM, 2018  
第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、カンヌ・サウンドトラック賞最優秀作曲家賞を受賞、カンヌをはじめ世界中の映画・音楽ファンを大熱狂の渦に巻きこんだ『LETO -レト-』より、冒頭映像が公開された。

>>『LETO -レト-』あらすじ&キャストはこちらから

キリル・セレブレンニコフ監督が、1年半の自宅軟禁のさなかに完成させた本作は、ロシアの伝説的バンド「キノ」のヴォーカルであるヴィクトル・ツォイと、彼の音楽的才能を見出したロックシンガーのマイク・ナウメンコ、そしてその妻ナターシャの3人をモデルに、ペレストロイカ目前のレニングラードで純粋に“自由”と“音楽”を追い求めた若者たちのひと夏を描く物語。

『LETO -レト-』(C) HYPE FILM, 2018  
今回公開されたのは、音楽を愛してやまない若者たちの静かに燃える反逆の熱気が伝わる冒頭映像。ロックのライブシーンと音楽を愛する若者たち、それに相反する80年代前半のソ連の規制に縛られた情勢が切り取られている。


ライブ会場に潜入する若い女性たち。ノリノリなロックミュージックが響き渡るが、そんな中、観客は静かに座って鑑賞している…。

80年代前半当時のソ連は、ロックミュージックと西洋の影響に敵対的な情勢でありながらも、ロックミュージックに惹かれる若者たちも増えていった時代。刺激的な歌詞に険しい顔をしたり、音楽に乗せて体を揺らしている観客に注意したりと、ソ連当局者の姿も確認することができる。

『LETO -レト-』(C) HYPE FILM, 2018  
また、各界の著名人から本作を絶賛するコメントも到着。俳優・斎藤工は「モノクロでお洒落にMV風に時折り文字や色を付けたり、、それらに引っかかってしまっているのも束の間気がつくとその作為的な画の奥行き選曲やその表現方法に感覚が網羅されて行くこのロシアのお洒落青春音楽映画は新たな映画様式を打ち出してしまったのかも知れない」と語り、タレントのIMALUも「80年代ロシアのアングラロック。また新しい音楽に出会えました!」と話している。

『LETO -レト-』(C) HYPE FILM, 2018  
『LETO -レト-』は7月24日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて順次公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top