矢本悠馬&森永悠希『ぐらんぶる』に出演、息のあったエンドレスボケに注目

若手俳優の矢本悠馬と森永悠希が、実写映画『ぐらんぶる』に出演していることがこのほど分かった。2人が写るカオスな場面写真も到着した。

映画 邦画ニュース
『ぐらんぶる』(C)井上堅二・吉岡公威/講談社 (C)2020映画「ぐらんぶる」製作委員会
  • 『ぐらんぶる』(C)井上堅二・吉岡公威/講談社 (C)2020映画「ぐらんぶる」製作委員会
  • 『ぐらんぶる』(C)井上堅二・吉岡公威/講談社 (C)2020映画「ぐらんぶる」製作委員会
  • 『ぐらんぶる』(C)井上堅二・吉岡公威/講談社 (C)2020映画「ぐらんぶる」製作委員会
  • 『ぐらんぶる』(C)井上堅二・吉岡公威/講談社 (C)2020映画「ぐらんぶる」製作委員会
  • 『ぐらんぶる』(C)井上堅二・吉岡公威/講談社 (C)2020映画「ぐらんぶる」製作委員会
若手俳優の矢本悠馬と森永悠希が、実写映画『ぐらんぶる』に出演していることがこのほど分かった。2人が写るカオスな場面写真も到着した。

>>『ぐらんぶる』あらすじ&キャストはこちらから

熱狂的なファンを持つ累計発行部数555万部突破の青春ダイビング(?)コメディ漫画を、竜星涼×犬飼貴丈という最旬キャストで実写化する本作。

ポスタービジュアルや映像など、情報解禁される度に話題となっている本作だが、今回新たに『ちはやふる』シリーズなど青春映画に多く出演している矢本さんと森永さんが出演していることが明らかに。

『ぐらんぶる』(C)井上堅二・吉岡公威/講談社 (C)2020映画「ぐらんぶる」製作委員会
演じるのは、伊織(竜星さん)と耕平(犬飼さん)に接近し、千紗(与田祐希)とお近づきになることを目論む大学生、山本真一郎と野島元。原作でも度々登場する世のリア充を憎む隠れた人気キャラだ。

山本を演じる矢本さんは「今回の出演は、英監督の別作の舞台挨拶の裏側で英監督と世間話をしている中で直接のオファーがありました。英監督は、『次撮る作品でやもっちゃんに出てほしいシーンがあんねん!』『やもっちゃんの一緒にやりたい役者を1人誰か考えといて!』と二言を残して去りました」とオファーをふり返り、「原作ファンの自分は、たとえワンシーンの出演であろうと出たい!と思いました。そして配役を確認するとモテない男子ということで、あ!森永悠希をキャスティングしよう!となりました(笑)」とコメント。

野島を演じる森永さんは「聞けば英さんと矢本君が僕をご指名くださったと言うじゃないですか・・・!光栄でございます」と喜び、「矢本君との久々の共演も嬉しかったです。やっぱり面白い。アイデアがキレッキレ(笑)矢本君ご指導の下、本当に伸び伸びとやらせて頂きました!なんとも言えないカオスが魅力の作品に、さらにカオスを加えることができていましたなら幸いでございます」と撮影をふり返っている。

さらに今回、ブラジャーを被った山本と、何かを必死に訴えかける野島。カオスな状況の新場面写真も到着。伊織が千紗と付き合っていると勘違いし、伊織の部屋に押しかけた2人が、とある衝撃の光景を目撃。その衝撃たるや思わずブラジャーを被るほどで…。2人だからこそできる、安定&息のあったエンドレスボケは爆笑必至だ。

『ぐらんぶる』は8月7日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top