パク・ソジュン主演『ディヴァイン・フューリー』記者会見映像公開

TVドラマ「梨泰院クラス」主演のパク・ソジュンの最新作『ディヴァイン・フューリー/使者』より、記者会見の様子を収めた特別映像と画像が公開。

映画 アジア映画
『ディヴァイン・フューリー/使者』(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
  • 『ディヴァイン・フューリー/使者』(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
  • 『ディヴァイン・フューリー/使者』(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
  • 『ディヴァイン・フューリー/使者』(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
  • 『ディヴァイン・フューリー/使者』(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
  • 『ディヴァイン・フューリー/使者』(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
  • 『ディヴァイン・フューリー/使者』(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
  • 『ディヴァイン・フューリー/使者』(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
  • 『ディヴァイン・フューリー/使者』(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
TVドラマ「梨泰院クラス」主演のパク・ソジュンの最新作『ディヴァイン・フューリー/使者』より、記者会見の様子を収めた特別映像と画像が公開。

>>『ディヴァイン・フューリー/使者』あらすじ&キャストはこちらから

公開中の映像では、“本作が『コンスタンティン』の韓国版と言われていることについて不安はないか?”などといった香港のメディアから質問に答える場面が切り取られている。


『ミッドナイト・ランナー』でもパク・ソジュンとタッグを組んだキム・ジュファン監督は、『コンスタンティン』の監督と実際に会ったことを明かし、「映画をとてもお褒めくださり、監督が映画をご覧になったあと、善と悪の闘いの中で葛藤し苦悩する人物が登場するということが『コンスタンティン』と似ていて面白いとおっしゃっていました」と絶賛を受けたとコメント。

『ディヴァイン・フューリー/使者』(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
またパク・ソジュンについて「監督の秘書の方から、“アジアのライアン・ゴズリング”だと言われました」と言うと、「私も『ドライヴ』という作品で、ライアン・ゴズリングさんを拝見しましたが、その話を聞いてからこの映画を観たため、確かに似ていると納得しました」と話す。

『ディヴァイン・フューリー/使者』(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
これには、パク・ソジュンもタジタジの様子。「とても好きな俳優の方々のため、比較されるということ自体があり得ない話だとは思います」と言い、「僕がその話を聞いて感じたのは、この映画は韓国で制作されましたが、多くの人々に多種多様な感想をいただけるものだと感じました。お褒めいただいたことは、うれしく思っています。ですが、自らこの話を人に自慢してはおりません」と続けている。

『ディヴァイン・フューリー/使者』(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
『ディヴァイン・フューリー/使者』は8月14日(金)よりシネマート新宿ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top