ジョニー・デップ、娘ローズに起った命の危機と重ねる…『グッバイ、リチャード!』

ジョニー・デップ演じる“余命180日”の崖っぷち男が、人生の愛おしさを見つけるライフ・ファインディングドラマ『グッバイ、リチャード!』。本作では、物語冒頭でジョニー扮するリチャードが突然余命宣告されるが、このシーンについてとある実体験が思い起こされたという。

映画 洋画ニュース
『グッバイ、リチャード!』(C)2018 RSG Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『グッバイ、リチャード!』(C)2018 RSG Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『グッバイ、リチャード!』(C)2018 RSG Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『グッバイ、リチャード!』(C)2018 RSG Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
ジョニー・デップ演じる“余命180日”の崖っぷち男が、人生の愛おしさを見つけるライフ・ファインディングドラマ『グッバイ、リチャード!』。本作では、物語冒頭でジョニー扮するリチャードが突然余命宣告されるが、このシーンについてとある実体験が思い起こされたという。

>>『グッバイ、リチャード!』あらすじ&キャストはこちらから

ジョニーが本作で演じたリチャードは、博学でエレガント、真面目な夫として美しい妻と素直な娘との何不自由ない暮らしを送る大学教授。しかし、突然の余命宣告を告げられ、彼の人生は一変してしまう。

『グッバイ、リチャード!』(C)2018 RSG Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
そんな医師からの余命宣告シーンをふり返ってジョニーは「最初リチャードは“誰の話しをしてるんだ?まさか自分ではないよな?”と思ってしまう。実際に誰でもそう思うだろう」と主人公の気持ちを代弁。

また「私の娘のローズが7歳だったころ大怪我をし、医者から手術を乗り越えられるか分からないと言われたことがある」と自身の娘リリー=ローズ・デップに起った出来事を回想し、「最初は“誰の話をしてるんだ?私の話ではない。自分にこんなこと起こるはずがない。”と思い、徐々に冷静になって事態を理解していったのを覚えている」と実体験をもとに死を身近に感じた際の感情を明かす。

『グッバイ、リチャード!』(C)2018 RSG Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
さらに「これが自分の命ではなく、娘の命の場合は必死に闘った。自分の命であったとしても、みんな怒って闘ってもいいと思うけど、私個人としてはリチャードのように振舞いたいと思っている」とコメント。

リチャードは宣告を受け、残りの人生を自分のために謳歌しようと決心。あけすけにものを言い、授業中には酒やマリファナを楽しむようになる。「リチャードは残された時間を最大限に活用する。闘って、生きて、死が迫っていても生き生きとする。生きれるうちに生きる。その時間に感謝して祝福する。そしてある日死がドアをノックしてきたらそのまま受け入れるんだ」と残された人生をありのまま生きると決意したリチャードの姿を自身の考えと重ねている。

『グッバイ、リチャード!』は8月21日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top