レイフ・ファインズの存在感が光る、キーラ・ナイトレイ主演『オフィシャル・シークレット』

イラク戦争開戦前、英米政府の不正行為を全世界にリークした女性を描いた、キーラ・ナイトレイ主演最新作『オフィシャル・シークレット』から、本編映像がシネマカフェに到着した。

映画 洋画ニュース
『オフィシャル・シークレット』(C)2018 OFFICIAL SECRETS HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『オフィシャル・シークレット』(C)2018 OFFICIAL SECRETS HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『オフィシャル・シークレット』(C)2018 OFFICIAL SECRETS HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『オフィシャル・シークレット』(C)2018 OFFICIAL SECRETS HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
イラク戦争開戦前、英米政府の不正行為を全世界にリークした女性を描いた、キーラ・ナイトレイ主演最新作『オフィシャル・シークレット』から、本編映像がシネマカフェに到着した。

>>『オフィシャル・シークレット』あらすじ&キャストはこちらから

キーラ・ナイトレイ演じるキャサリンはイラク戦争を防ぐために政府の違法を告発するが、その願いもむなしく開戦。さらに、政府職員でありながら機密情報を漏洩した疑いで起訴されてしまう。

窮地に陥ったキャサリンを救おうと動きだしたのは、レイフ・ファインズ扮する人権派弁護士のベン・エマーソン。今回到着した本編映像には、キャサリンとベンが初対面するシーンが収められている。

弁護士事務所の階段を上がってくるキャサリンに、ジョン・ヘファーナン演じるスタッフのジェームズが挨拶をする。すると事務所の入口から威厳のある姿が登場し、彼がベンだと紹介される。

事務所の部屋に通されたキャサリンはベンに根掘り葉掘り確認されるが、不躾な質問も飄々とした態度で聞いてくるベンにキャサリンは不信感を隠せない。極めつけに「君は情報漏えいによって国に対する忠誠を選んだ。政府や結婚生活や自分自身よりもね。失う物の方が大きい」と口にし、キャサリンが顔をしかめると、「これは褒め言葉だ」と称賛を送るベンだった。


本作は実際の事件が基となっているため、ベンも当然実在の人物。敏腕弁護士として有名なベンについて、レイフがかなり個性的にキャラづくりをしているように思ってしまうが、監督は本人について「ベンは早口でとても知的に話すから、彼と会う時はいつも萎縮したよ」と語っており、レイフの演技も決して誇張ではないことを明かしている。

以前に『ある公爵夫人の生涯』で、夫婦役として共演経験のあるキーラとレイフ。キーラは本作のレイフについて「ベンはとても重要な人物だけれど、何度も登場するわけではない。レイフのような人が演じることで、彼がどれだけ重要か分かる」とコメントしている。

また、レイフも「彼女の演技は前回共演した時よりどんどん豊かになっていると思うよ。キャサリン・ガン役はとてもパワフルだし、裁判所のシーンでも素晴らしい演技をしていたね」とお互いを認め合っている。

『オフィシャル・シークレット』は8月28日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top