キルスティン・ダンスト、カニエ・ウェストの大統領選ポスターに勝手に“使用”され困惑

米大統領選への出馬を表明しているカニエ・ウェストが、ツイッターで「カニエ2020ビジョン」と題したキャンペーンポスターを公開した。

最新ニュース ゴシップ
キルスティン・ダンスト(C) Getty Images
  • キルスティン・ダンスト(C) Getty Images
  • カニエ・ウェスト-(C)Getty Images
  • キルスティン・ダンスト(C)Getty Images
米大統領選への出馬を表明しているカニエ・ウェストが、ツイッターで「カニエ2020ビジョン」と題したキャンペーンポスターを公開した。

「カニエ2020ビジョン」というスローガンのロゴと、様々な人の写真で構成されているのだが、最も目を引くのがトップに配置されているキルスティン・ダンストの顔写真。キルスティン本人が直接この投稿に「なんのメッセージがあるというの? なぜ私が入っているの?」と困惑を伝えるメッセージと肩をすくめる絵文字をカニエに送ったほど。満面の笑顔を見せているこの写真は、2002年に「Vanity Fair」誌に掲載された写真家マリオ・テスティーノの撮影によるもの。


「People」誌によると、キルスティンのこうした反応からも分かるように、キルスティンはもちろん写真の使用を許可していないとのこと。米「VOGUE」誌の編集長アナ・ウィンターもポスターの写真に含まれており、アナに関してはファッション関係のつながりがあるというものの、やはり許可を取っていないという。ほかには「アメリカズ・ゴット・タレント」のセミファイナリストの歌手などの写真もあったが、ほとんどはストックフォトサイト、YouTube、Pinterest、広告からの写真ばかり。

カニエのツイッターには「キルスティンじゃなくて、テイラー・スウィフトの写真を使うべきだった」とカニエとテイラーの不仲を揶揄する声や、「あなたのビジョンの中に黒人女性はいないということか」と憤る声など、多数のコメントが寄せられている。
《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top