ジョニー・デップ、アンバー・ハードに対する名誉棄損訴訟の延期申請 『ファンタビ3』の撮影のため

ジョニー・デップが元妻アンバー・ハードに対して起こした名誉棄損訴訟の延期を求めた。

最新ニュース ゴシップ
ジョニー・デップ『Minamata』(原題)ワールドプレミア Photo by Andreas Rentz/Getty Images
  • ジョニー・デップ『Minamata』(原題)ワールドプレミア Photo by Andreas Rentz/Getty Images
  • アンバー・ハード-(C) Getty Images
  • ジョニー・デップ-(C)Getty Images
ジョニー・デップが元妻アンバー・ハードに対して起こした名誉棄損訴訟の延期を求めた。「Variety」誌などが報じた。

ジョニーはアンバーが「ワシントン・ポスト」紙に寄稿した記事で、ジョニーの名前は出していないものの、彼にDVを受けたとほのめかす内容が名誉棄損にあたるとして、2019年3月にアンバーを訴えた。これまでにジョニーの最初の妻ロリ・アン・アリソン、元パートナーのヴァネッサ・パラディ、娘のリリー=ローズ・デップ、元交際相手のウィノナ・ライダー、『パイレーツ・オブ・カリビアン』などで共演したペネロペ・クルスが「ジョニーは暴力を振るうような人ではない」と擁護している。

現在のところ、裁判は2021年1月11日から28日に設定されているが、ジョニーは2021年3月から6月の間に延期を申請。今年10月から来年2月末まで『ファンタスティック・ビースト』第3弾の撮影でロンドンに滞在するためだという。当初は裁判の日程より前に同作の撮影が終わっている予定だったが、新型コロナウイルスの影響で2021年にずれ込んだ。

なお、ジョニーは「妻虐待者」と表現した英「The Sun」紙の発行元に対しても名誉棄損で訴えているが、この件に関しては今週中に評決が出る見込み。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top