アニメ「ジュラシック・ワールド」予告公開、イマドキ少年少女vs恐竜の究極サバイバル!?

スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮に名を連ねるNetflixオリジナルシリーズ「ジュラシック・ワールド/サバイバル・キャンプ」から、最新予告編とキービジュアルが到着した。

最新ニュース スクープ
スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮に名を連ねるNetflixオリジナルシリーズ「ジュラシック・ワールド/サバイバル・キャンプ」から、最新予告編とキービジュアルが到着した。

本作は、映画『ジュラシック・ワールド』(’15)と同じ時間軸を舞台に描かれる物語で、恐竜たちの世界をスリルと興奮の“アニメーション”で新たに表現。イスラ・ヌブラル島にあるキャンプ場“サバイバル・キャンプ”を訪れた6人のイマドキ少年少女たちが、思いもよらないトラブル発生により島に取り残され、危険な恐竜たちが次々と彼らに襲いかかる…というストーリー。

到着した予告編では、様々な草食恐竜に加えて、映画にも登場した肉食恐竜インドミナス・レックスや、大空を猛スピードで駆け巡る凶暴なプテラノドン、水中に潜む超巨大サイズのモササウルスなども登場。最初はワクワクのキャンプの様子が映し出されるが、恐竜の予期せぬ逃亡により、危険度MAXのサバイバルへと進んでいく。

また、頭脳明晰な恐竜マニアだがシャイな少年ダリウスが、恐竜について解説する側で、SNSで有名なインフルエンサー・ブルックリンの空気を読まない行動など、個性的なメンバーの様子も伺える。なかなかまとまらない様子だが、恐竜たちの襲撃に必死に逃げようと試みる中で、徐々に一致団結していくことに。


今回到着した映像は、日本語吹き替え版。ダリウス役には若手声優の佐藤元、ブルックリン役は、「アオハライド」「ノラガミ」の内田真礼。ほかにも、増田俊樹(ケンジ)、水瀬郁(サミー)、望海将太郎(ベン)、河合ゆめの(ヤズ)、山根舞(ロキシー)、中谷一博(デイヴ)が参加。

キービジュアルでは、肉食恐竜がジャイロスフィアに乗った少年少女たちを追い詰める姿が描かれている。

Netflixオリジナルシリーズ「ジュラシック・ワールド/サバイバル・キャンプ」は9月18日(金)より独占配信開始。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top