ロイ・アンダーソンが贈る愛と希望の映像詩 『ホモ・サピエンスの涙』予告編

ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(最優秀監督賞)受賞ロイ・アンダーソン監督の『ホモ・サピエンスの涙』から、ポスタービジュアルと予告編が到着。

映画 洋画ニュース
第76回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞したスウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソン監督が、全ての人類に贈る愛と希望を込めた映像詩『ホモ・サピエンスの涙』。この度、ポスタービジュアルと予告編が到着した。

>>『ホモ・サピエンスの涙』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、アリ・アスター、アレハンドロ・G・イニャリトゥ、ダーレン・アロノフスキーなど名だたる映画監督たちが敬愛する奇才ロイ・アンダーソンが放つ、ヴェネチア国際映画祭金獅子賞の『さよなら、人類』以来5年ぶりとなる最新作。

時代も性別も年齢も異なる人々が織りなす悲喜劇を、全33シーン全てワンシーンワンカットで撮影した本作の予告編では、スタジオ撮影とは思えないような、奥行きと広がりのある精巧な映像美を捉える。さらに、悲しみを抱えた不器用で愛おしい人々の姿を切り取りつつ、「人類は、悲劇に負けずに生きていける」との言葉が添えられ、いまを生きる私たちへ向けられた希望溢れるメッセージを感じさせる予告となった。


また、ビジュアルには、マルク・シャガールの絵画からインスピレーションを受けて生まれた“上空を漂うカップル”が印象的に配され、十字架を背負った男や傘をさす親子など、それぞれのエピソードに期待が膨らむような登場人物たちの姿が散りばめられている。

さらに、国立映画アーカイブで9月12日~26日に開催される第42回ぴあフィルムフェスティバルでは、「ロイ・アンダーソン・コンプリート特集」を実施。本作『ホモ・サピエンスの涙』ほか、過去作『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』『ギリアップ』『散歩する惑星』『愛おしき隣人』『さよなら、人類』、さらには学生時代の作品を含む初期短編の上映が予定されており、ロイ・アンダーソン監督にさらなる注目が集まっている。

『ホモ・サピエンスの涙』は11月20日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top