富司純子×シム・ウンギョンW主演『椿の庭』モスクワ映画祭出品決定、新公開日は4月

富司純子とシム・ウンギョンがW主演を務める映画『椿の庭』が「第42回モスクワ国際映画祭」へ正式出品されることが決定。延期されていた公開時期も来年4月に決定したことも分かった。

映画 邦画ニュース
『椿の庭』(C)2020“A Garden of the Camellias” film partners
  • 『椿の庭』(C)2020“A Garden of the Camellias” film partners
  • 『椿の庭』(C)2020“A Garden of the Camellias” film partners
  • 『椿の庭』(C)2020“A Garden of the Camellias” film partners
  • 『椿の庭』(C)2020“A Garden of the Camellias” film partners
富司純子とシム・ウンギョンがW主演を務める映画『椿の庭』が、10月開催の「第42回モスクワ国際映画祭」アウト・オブ・コンペティション部門へ正式出品されることが決定。延期されていた公開時期も来年4月に決定したことが分かった。

>>『椿の庭』あらすじ&キャストはこちらから

椿が咲き誇る一軒の家に住む絹子(富司さん)と絹子の娘の忘れ形見である渚(シム・ウンギョン)、そしてそこを訪れる人々の1年間を描く本作。

今回正式出品が決定した世界四大映画祭の1つ、モスクワ国際映画祭は、1935年に創設された世界的にも由緒ある国際映画祭。これまで日本からも幅広い世代の監督の作品が出品されてきた。今年は開催時期を例年より大きく後ろ倒しし、10月1日(木)から8日(木)まで開催される。

本作の主演を務めた富司さんは「公開決定、モスクワ国際映画祭出品に嬉しく思っております。フィルム撮影でのカメラアングル、自然光での照明、すべてが美しく素晴らしい映像です。国内外一人でも多くの方にご覧頂き、愛されることを祈っております」と喜び、シム・ウンギョンも「来年の始まりを『椿の庭』と共に出来ることが、感慨深いです。皆さんにとって、安らぎの時間になりますように願っております」と話す。


写真界の巨匠で本作の監督を務めた上田義彦は、公開延期当初はとてもショックを受けたと言い、「世界中がコロナ禍の渦中で喘いでいる状況を目の当たりにして、これは致し方のないこととして胸に収めておりましたが、この程、来年4月に再度公開が決まり、また、時を同じくしてモスクワ国際映画祭に出品が決まり、とても嬉しく想っております」と心境を明かし、出演した鈴木京香は「ぜひ沢山の方々に観ていただきたいと思っています」とコメントを寄せた。


『椿の庭』は2021年4月、シネスイッチ銀座ほかにて順次公開予定。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top