元ボンドガールのダイアナ・リグ(82)が死去 「GoT」でも存在感発揮

英女優ダイアナ・リグ(82)が木曜日(現地時間)に亡くなったことが明らかになった。

最新ニュース ゴシップ
英女優ダイアナ・リグ(82)が木曜日(現地時間)に亡くなったことが明らかになった。娘のレイチェルさんによると、ダイアナは3月にがんと診断を受けて闘病していたが、愛や笑いにあふれる生活を送っていたとのこと。「今朝、私の最愛の母が、家族に見守られ眠るように安らかに亡くなりました」と語っている。

ダイアナは1950年代から女優活動を始め、「おしゃれマル秘探偵」のエマ・ピール役で人気を獲得するとともにエミー賞に2度ノミネート。1969年の『女王陛下の007』ではジョージ・レーゼンビー演じるジェームズ・ボンドのボンドガールを務めた。舞台でも活躍し、1994年にはトニー賞を受賞。

最近では「ゲーム・オブ・スローンズ」でマージェリー&ロラス・タイレル兄妹の祖母オレナ・タイレルという重要な役どころを演じ、圧倒的な存在感を示していた。オレナ役ではエミー賞に4度ノミネートされている。アニャ・テイラー=ジョイやマット・スミスと共演した『Last Night in Soho』(原題)やミニシリーズ「Black Narcissus」(原題)など、これから公開&放送を控える作品にも出演している。

「ジェームズ・ボンド」の公式ツイッターは、ダイアナを追悼するにあたり、「(劇中で)ジェームズ・ボンドと結婚した唯一の女性」と紹介。『007』シリーズのプロデューサーを長く勤めているバーバラ・ブロッコリ&マイケル・G・ウィルソンも哀悼の意を表した。

《Hiromi Kaku》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top