王道青春ラブ「胸が鳴るのは君のせい」実写映画化決定

紺野りさによる漫画「胸が鳴るのは君のせい」が実写映画化されることが決定した。公開時期やキャストなどは現在未発表となっている。

映画 邦画ニュース
「胸が鳴るのは君のせい」(C)紺野りさ/小学館
  • 「胸が鳴るのは君のせい」(C)紺野りさ/小学館
  • 「胸が鳴るのは君のせい」(C)紺野りさ/小学館
紺野りさによる漫画「胸が鳴るのは君のせい」が実写映画化されることが決定した。公開時期やキャストなどは現在未発表となっている。

漫画「胸が鳴るのは君のせい」は、全5巻にして累計発行部数250万部を突破した、転校生の有馬隼人と彼を一途に思い続ける篠原つかさが繰り広げる王道の青春ラブストーリー。

つらくて、切なくて、それでもやめられない…親友のように仲がいい友達への片想いが描かれた物語は、瞬く間に読者の心を掴んだ。

今回の実写映画化決定について原作者の紺野さんは「最初に聞いた時は震えが止まりませんでした!まさか自分の人生にこんなスペシャルな大事件が起きようとは、正直今もまだ夢見心地です」と心境を明かす。

まだ未発表のキャストについては「原作者特権でキャストの方をすでに知っているのですが、涼しげな目元が爽やかな凄まじいイケメンさんと、快活な笑顔がとてつもなく可愛い女優さんに演じて頂けることになっています」と僅かながらヒントを明かしている。

「胸が鳴るのは君のせい」(C)紺野りさ/小学館
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top