ガル・ガドット、ヘスティアの縄を巧みに操る!『ワンダーウーマン 1984』日本版予告編

ガル・ガドット主演映画『ワンダーウーマン 1984』から、この度日本版予告編が公開された。

映画 洋画ニュース
『ワンダーウーマン 1984』(c) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c) DC Comics
  • 『ワンダーウーマン 1984』(c) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c) DC Comics
  • 『ワンダーウーマン 1984』 (C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics
  • 『ワンダーウーマン 1984』 (C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics
  • 『ワンダーウーマン 1984』(c) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c) DC Comics
ヒーロー界最強とも呼ばれる桁外れのスーパーパワーを持つ戦士、ワンダーウーマンが活躍するガル・ガドット主演映画『ワンダーウーマン 1984』。先日、新たな公開日が決定した本作から、この度日本版予告編が公開された。

>>『ワンダーウーマン 1984』あらすじ&キャストはこちらから

今回公開された予告編の見どころは、黄金に輝く“ヘスティアの縄”を巧みに操るアクションシーン! これは攻撃だけでなく、マインドコントロールを解いたり、投げた相手に真実を告白させたり、別名“真実の投げ縄”ともいわれるワンダーウーマンを象徴する武器のひとつだ。


映像では、そんなヘスティアの縄を使って銃弾を跳ね返し、敵を捕らえたり、高々とジャンプしたり。また、雷にヘスティアの縄を巻き付け、超高速スピードで空を飛ぶ、秘めた能力がはじめて映像に映し出されている。

『ワンダーウーマン 1984』 (C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics
ほかにも、トラックを押しのける超人的な身体パワーや、不滅の盾で作られた両腕のガントレットを胸の前でクロスし、強烈な衝撃波を放つ必殺技ガントレット・クラッシュ、そしてゴールドアーマーを身にまとったワンダーウーマンのバトルシーンも初公開されている。

『ワンダーウーマン 1984』 (C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics
また本日より、全国の劇場にて数量限定豪華特典付きムビチケが販売開始。特典の種類は全部で2種類となっており、ひとつはワンダーウーマンがゴールドスーツに身を包み、黄金に輝くヘスティアの縄を構える<特製スマホステッカー>。そしてもうひとつは、ワンダーウーマンの活躍の一部を垣間見ることができる、英語版の<スペシャルコミック>となっている。ムビチケカード1枚につき、どちらか1点が付く劇場先着限定の特典だ。

『ワンダーウーマン 1984』は12月25日(金)より日米同日公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top