ケイト・モスの18歳娘が「ミュウミュウ」のショーでランウェイデビュー

18歳の誕生日を迎えたばかりのケイト・モスの愛娘、ライラ・グレース・モスが、ランウェイデビューを果たした。

最新ニュース ゴシップ
18歳の誕生日を迎えたばかりのケイト・モスの愛娘、ライラ・グレース・モスが、ランウェイデビューを果たした。6日(現地時間)、ミラノで行われた「ミュウミュウ(MIU MIU)」のSpring/Summer 2021のショーで堂々のキャットウォークを披露した。

ライラはケイトと2000年代に交際していた「Dazed」誌の創刊者ジェファーソン・ハックの間に生まれた子ども。ランウェイを歩くのは今回が初めてだったが、16歳の時に「マーク・ジェイコブス・ビューティー(Marc Jacobs Beauty)」のアンバサダーに選ばれてフォトシューティングを行ったこともあった。

3週間ほど前には「マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)」の香水「Perfect」のイメージモデルに就任したことをインスタグラムで発表している。「Mirror」誌によると、マークはライラが6歳の頃に会っていて、「ライラのキャラクター、振る舞い、特別な美しさはあのときから明らかだった」とふり返ったという。

ランウェイデビューについてもインスタグラムで報告しており、「ミュウミュウ」に「夢のまた夢のようなショーでデビューをさせてくれて本当にありがとう」と感謝の気持ちをつづった。ジュード・ロウとセイディ・フロストの娘で、ライラと同じくモデルとして活躍しているアイリス・ロウ、セイディ、リタ・オラらセレブから祝福コメントが寄せられた。

《Hiromi Kaku》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top