真相を知ると消される…!? 『真・鮫島事件』武田玲奈主演で映画化&初映像も

平成ネット史最大の闇といわれる「鮫島事件」を原案にしたパニック・オリジナルホラー『真・鮫島事件』が11月27日(金)公開決定。主演の武田玲奈が最恐の都市伝説に巻き込まれていく特報映像も解禁された。

映画 邦画ニュース
『真・鮫島事件』(C)2020「真・鮫島事件」製作委員会
  • 『真・鮫島事件』(C)2020「真・鮫島事件」製作委員会
  • 武田玲奈
平成ネット史最大の闇といわれる「鮫島事件」を原案にしたパニック・オリジナルホラー『真・鮫島事件』が11月27日(金)公開決定。主演の武田玲奈が最恐の都市伝説に巻き込まれていく特報映像も解禁された。

「事件の内容を知ると消されるが、真相はわからない」という形のないうわさ話が“リモート部活会”という、このコロナ禍で一般化したオンラインから伝播し、家と外で同時に巻き起こる本作。

「鮫島事件」とは、「2ちゃんねる」から発生したいわゆる都市伝説、いまなおSNSなどで語られるが、その事件の真相は誰も知らない。なぜなら「事件の内容を知ると消される」という伝説があり、真相には辿り着けないようになっているからだ。つまり、その話を聞くと死んでしまうという、そのうわさだけが伝播。様々な尾ひれをつけて拡がっていった結果、時には想像を超えた事件が起こってしまう。それこそが「鮫島事件」の最大の恐怖である。SNS全盛のいま、人のうわさが事件を起こす「鮫島事件」は最恐の都市伝説となる――。


主演を務めるのは、2014年にモデルとして芸能活動をスタートし、映画やテレビドラマ、CMをはじめ、舞台やアニメの声優など、精力的に活動の幅を広げている武田玲奈

オリジナル脚本を手掛け、監督を務めたのは、『トモダチゲーム』をはじめ新たなジャパニーズホラーの担い手として次回作が待ち望まれている永江二朗監督。

武田さんは「特殊な撮影方法で少し戸惑いもありましたが、監督、周りのスタッフさんに支えていただきながら無事撮影を終えることが出来ました! 新しいタイプのホラー映画となっています!そして、あの鮫島事件の真相が明らかとなります…!!!」と背筋が寒くなるようなコメント。

『2ちゃんねるの呪い』など「過去2度にわたり『鮫島事件』を実写化してきました」という永江監督は、「SNSが絶大な影響力を及ぼす現在にこそ『鮫島事件』の本当の恐怖を描けるのではないかと感じました。誰も語ってはいけないとされる『鮫島事件』とは一体何なのか?20年以上前、ネット民を震撼させ、その謎が現在も拡散し続ける『鮫島事件』の真実を是非ご覧ください!……おや、誰か来たようだ」と気になるコメントを寄せる。

広告の後にも続きます
今年2月に公開された清水崇監督『犬鳴村』、8月に公開された中田秀夫監督『事故物件 恐い間取り』はティーンを中心に動員を伸ばし、いずれも大ヒットを記録しているジャパニーズホラー。現代社会において急速に広まったオンラインの会議アプリを舞台とした本作は、いま令和のこの時だからこそ描くことができた作品といえそうだ。

『真・鮫島事件』は11月27日(金)よりイオンシネマほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top