ジョージ王子、「絶滅する動物」のドキュメンタリー番組に動揺…ウィリアム王子明かす

ジョージ王子があるテレビ番組を観てショックを受け、悲しそうに「もう観たくない」とウィリアム王子に訴えたことが明らかになった。

最新ニュース ゴシップ
ジョージ王子 Photo by Mark Cuthbert/UK Press via Getty Images
  • ジョージ王子 Photo by Mark Cuthbert/UK Press via Getty Images
  • ジョージ王子&シャーロット王女 (C) Getty Images
  • ジョージ王子&シャーロット王女 Photo by Samir Hussein/WireImage
ジョージ王子があるテレビ番組を観てショックを受け、悲しそうに「もう観たくない」とウィリアム王子に訴えたことが明らかになった。

今年1月、「アースショット賞」という今後10年で地球環境を回復させることを目的とした賞を創設したウィリアム王子。先日、地球環境について「Sky News」に語るなかで、ジョージ王子が心を痛めてしまった出来事を明かした。

「ここのところ、子どもたちと一緒に(動物学者の)デヴィッド・アッテンボロー氏のドキュメンタリー番組をたくさん観ているんです。子どもたちはとても気に入っているのですが、一番最近に観た動物の絶滅に関する番組については、ジョージと私はテレビのスイッチを消すことになってしまいました。途中で悲しくなってしまったからです」と語った。「ジョージは『もう、観たくない』と私に言いました。どうしてこんなことになったのかと、7歳の子ども(ジョージ)だって心を痛めて私に尋ねてきます。どこにいる7歳でもこの問題に関心を持つことはできるのです」と訴えた。

ジョージ王子は以前からアッテンボロー氏の大ファンで、先月一家で同氏と対面を果たし、巨大ザメ「メガロドン」の歯の化石をプレゼントされ大喜びしていた。また今月、同氏に「次に絶滅してしまう動物はなんだと思いますか?」と質問した動画も、ケンジントン宮殿のSNSアカウントから公開。動物に対して強い興味を示していることがうかがえる。

この投稿をInstagramで見る

We've got some questions for you, @DavidAttenborough...

Duke and Duchess of Cambridge(@kensingtonroyal)がシェアした投稿 -

《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top