黒澤明監督の『生きる』がイギリスで映画化 主演はビル・ナイ、脚本はカズオ・イシグロ

黒澤明監督の『生きる』(1952年)が、『Living』(原題)としてイギリスでリメイクされることになった。

最新ニュース ゴシップ
黒澤明 Photo by Santi Visalli/Getty Images
  • 黒澤明 Photo by Santi Visalli/Getty Images
  • カズオ・イシグロ - (C) Hiroshi Hayakawa
  • 黒澤明 Photo by Kurita KAKU/Gamma-Rapho via Getty Images
  • ドーナル・グリーソン&ビル・ナイ-(C) Getty Images
黒澤明監督の『生きる』(1952年)が、『Living』(原題)としてイギリスでリメイクされることになった。「The Hollywood Reporter」などが伝えた。

監督は、2011年に『Beauty』(原題)でカンヌ国際映画祭のクィア・パルムを受賞したオリヴァー・ハーマナス、脚本は日系イギリス人小説家で、ブッカー賞とノーベル文学賞の受賞者カズオ・イシグロ(「わたしを離さないで」)に決定。イシグロ氏は「私たちの多くは毎日長い時間、机やパソコンの画面の前に固定される生活を強いられています。新型コロナウイルスが発生してからはなおさらです。そんななか、全体像を見ようとすると、自分のがんばりがどれだけ役に立っているか可視化できず、悩んでいる人もいます。そういった人たちの心に響く物語になると信じています」と語っている。『キャロル』のプロデューサーコンビのスティーヴン・ウーリー&エリザベス・カールセンが製作を行い、「黒澤プロダクション」も関わる。

主演は『ラブ・アクチュアリー』で英国アカデミー助演男優賞、『ナターシャの歌に』でゴールデングローブ主演男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)を受賞したビル・ナイが務める。共演者にはNetflixの「セックス・エデュケーション」でエイミー役を演じているエイミー・ルー・ウッドが決まっているという。

『Living』の舞台は1952年のロンドンで、主人公は第二次世界大戦後に公務員として働くウィリアム。机の上に山積みになっている書類仕事を目の前にしながら、彼は病により余命わずかだと悟る。死を目前としたウィリアムは、単調な人生に意味を見出だす冒険を始めるのだった。

『Living』は来春、イギリスで撮影開始予定。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top