世界のアニメ映画祭で8冠!ラトビア人新進クリエイターの『Away』日本公開

ラトビア人新進クリエイター、ギンツ・ジルバロディスが製作・監督・編集・音楽全てを作り上げた長編デビューのアニメーション映画『Away』が公開決定、ポスタービジュアルと予告映像、監督のコメントが到着。

映画 洋画ニュース
ラトビア人新進クリエイター、ギンツ・ジルバロディス(Gints Zilbalodis)が3年半をかけて、たった1人で製作・監督・編集・音楽全てを作り上げた長編デビューのアニメーション映画『Away』。世界中の国際映画祭を席巻した本作の日本公開が決定、ポスタービジュアルと予告映像、監督のコメントが到着した。

本作は飛行機事故で島に不時着した少年が、様々な土地をオートバイで駆け抜けるロードムービー。美しい冒険の旅を、全編セリフなし、革新的かつ独創的な映像で綴る長編アニメーションで、哲学的なメタファーによって監督の個人的な思いが全編に込められており、観ている人の感性を刺激する。

今回解禁したポスターと予告編は、その先に何があるのか想像をかき立てるビジュアルと映像に仕上がっている。


アニメーションの国際映画祭「アヌシー国際映画祭」において、2019年に新設された実験性・革新性のある長編作品を対象とする“コントルシャン”賞で、見事初代グランプリを受賞。これを皮切りに世界中の映画祭で8冠を達成、2020年・第92回アカデミー賞長編アニメーション部門の最終候補32作品に選ばれ、同年第47回アニー賞でも『アナと雪の女王2』や『トイ・ストーリー4』とともにベストミュージック部門にノミネートを果たした。

本作で一躍時の人となった監督ギンツ・ジルバロディスは、ヨーロッパのラトビアで生まれ育ち、8歳からアニメを作り始めた。過去には、手描きアニメーション、3Dアニメーション、実写など様々な媒体で7本の短編映画を製作し、本作はそれぞれの特徴的な美学を融合。1人で製作を成しえただけでなく、各映画祭で高い評価を獲得し、アニメーション製作へ新風を巻き起こした“ヨーロッパの新星”として大きな注目を集めている。

ギンツ・ジルバロディス監督
日本のアニメーションにも幼少期から触れ、影響を受けてきたというジルバロディス監督。当時25歳の1人の青年が365日休むことなく、3年半をかけた渾身の長編デビュー作について、「私にとって非常に個人的な映画なので、世界中の観客に本作が届けられたことを知って、私はとても恐縮しつつ興奮しています。私に多大な刺激を与えてくれた場所、ここ日本で公開されることを本当にうれしく思っています」とコメントが到着している。

『Away』は12月11日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top