広瀬すず主演、戦後初のCA誕生を描くSPドラマ放送

広瀬すずが昭和という時代を生き生きと切り拓いたCAを演じさわやかなエールを送るスペシャルドラマ「エアガール」の放送が決定。

最新ニュース スクープ
スペシャルドラマ「エアガール」
  • スペシャルドラマ「エアガール」
  • スペシャルドラマ「エアガール」
広瀬すずが昭和という時代を生き生きと切り拓いたCAを演じ、さわやかなエールを送るスペシャルドラマ「エアガール」の放送が決定。広瀬さんがテレビ朝日のドラマに主演するのは、今回が初めてとなる。

佐野小鞠は、飛行機部品の生産を手がける父の影響で空へのあこがれを募らせ、パイロットになりたいという夢を抱く。しかし、兄は神風特攻隊として出撃して戦死。両親も東京大空襲で亡くしてしまい、小鞠は料亭を営む叔母・千代のもとに身を寄せ、その料亭の手伝いに明け暮れる日々を送っていた。

ある日、小鞠は料亭の一室から「日本の空を日本人の手に取り戻したい!」という逓信省航空保安部長・松木静男の決意みなぎる熱い言葉を耳にする。松木の話に感動し、思わず聞き入ってしまった小鞠だったが、彼の若き部下・三島優輝に立ち聞きをとがめられてしまう。しかし、これが2人の運命の出会いとなる。1951年、ついに戦後初の日本の航空会社「日本民間航空」が発足。すでに社員となっていた三島からエアガールを募集していると聞いた小鞠は応募を決意する――。

本作は、中丸美繪の「日本航空一期生」を原案に、当時の“最先端のお仕事”=エアガールとして奮闘したヒロインの姿を瑞々しく描き出していく、史実をベースにしたドラマ。

広瀬さんが演じるヒロイン・佐野小鞠は、パイロットを夢見ながらも、「空を飛んでみたい!」という一心でエアガールという超人気職業に挑んだ女性。同じくパイロットを志望する青年との淡い恋物語も織り交ぜながら、時代を動かすパワー全開で進んでいく。

スペシャルドラマ「エアガール」
「当時の日本と世界のやり取りや衝撃的な国際関係など、初めて知ることばかりで、『こんなことが起きていたんだ!』とドキドキしながら脚本を読ませていただきました」と物語の印象を語った広瀬さん。

今回、劇中ではエアガールの制服をキリッとキメた姿も披露するが「身に着けただけでちょっと気取ってしまうような(笑)、モチベーションが高まるユニフォームだなと思いました。衣装合わせで着てみたとき、役柄のイメージが広がったので、すごく安心しました」とコメント。

広告の後にも続きます
そして「戦後初めて日本で航空会社を作ろうと頑張った人々の思いや、小鞠をはじめ、激動の時代を駆け抜けたさまざまな人たちの感情が織り交ぜられていて、とても複雑で深いストーリーなのですが、それらをポップなシーンを交えて描き出しています。日本にもかつてこんな物語があったんだと、知ってもらえる機会になったらうれしいなと思っています」と視聴者へメッセージを寄せている。

スペシャルドラマ「エアガール」は2021年春、テレビ朝日にて放送予定。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top