岡山天音、今年だけで映画8作品が公開!「憎めるようで憎めない」魅力とは?

田中裕子主演、沖田修一監督『おらおらでひとりいぐも』には、2020年だけで8作の映画に出演し、いま熱視線を注がれる若手俳優・岡山天音が映画オリジナルのシーンで登場する。

映画 邦画ニュース
『おらおらでひとりいぐも』岡山天音 (c)2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会
  • 『おらおらでひとりいぐも』岡山天音 (c)2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会
  • 『おらおらでひとりいぐも』岡山天音 (c)2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会
  • 『おらおらでひとりいぐも』岡山天音 (c)2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会
  • 『おらおらでひとりいぐも』(c)2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会
  • 『おらおらでひとりいぐも』 (C)『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
  • 『おらおらでひとりいぐも』 (C)『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
  • 『おらおらでひとりいぐも』 (C)『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
  • メイキング『おらおらでひとりいぐも』 (C) 2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会
田中裕子が15年ぶりの映画主演、その“娘の時代”を蒼井優が演じる沖田修一監督『おらおらでひとりいぐも』が11月6日(金)より公開。本作には、2020年だけで8本の映画に出演し、いま熱視線を注がれる若手俳優・岡山天音が、原作にはない映画オリジナルのシーンで登場している。

>>『おらおらでひとりいぐも』あらすじ&キャストはこちらから

2009年、TVドラマ「中学生日記」でデビューして以来、2017年には連続テレビ小説「ひよっこ」で漫画家志望の青年役を好演。主演映画『ポエトリーエンジェル』で第32回高崎映画祭最優秀新進男優賞を受賞した岡山さん。昨年で俳優デビュー10周年を迎え、TVドラマ「同期のサクラ」「デザイナー 渋井直人の休日」から『新聞記者』など話題作へ相次いで出演してきた。

そして今年は、主演作『リトル・サブカル・ウォーズ~ヴィレヴァン!の逆襲~』や『踊ってミタ』を含め、本作や『ワンダーウォール 劇場版』『青くて痛くて脆い』『ホテルローヤル』など公開&待機する作品は8タイトルにも及び、いま若き実力派俳優として熱視線を注がれている。

『おらおらでひとりいぐも』岡山天音 (c)2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会
映画にとどまらず、ドラマ、舞台、CMにとその活躍は幅広く、デザイナーのアシスタントとして“今どき”といわれるどこか飄々とした姿をみせたかと思うと、サブカルを愛してやまない大学生を演じ、都会に出るも夢破れて故郷に戻りうだつのあがらない青年にもなる。どの作品でも、柔らかな表情を浮かべながらも心の奥底には秘めたる何かがあるような、そんな等身大の青年を演じる岡山さんの存在感は目を見張る。

本作『おらおらでひとりいぐも』で演じたのは自動車のセールスマン・堀川。都心に程近い郊外の一軒家でひとり暮らしをする主人公・桃子さん(田中裕子)を訪ね、車の買い替えを勧めにくる堀川。このエピソードは原作にはなく、監督が脚本執筆時に考案した映画オリジナルのシーン。監督自身の母親が経験した話をもとに脚本に盛り込んだという。

『おらおらでひとりいぐも』岡山天音 (c)2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会
そんな思い入れのあるシーンに岡山さんを起用した理由について、「キャスティングの時、台本のセリフを、岡山くんが話す姿を想像して、一人、面白がって、笑いました」と沖田監督。「他の出演作などをみていたので、いつかご一緒したい俳優さんだと思っていました。顔が特徴的で、とてもよいです」と明かす。

広告の後にも続きます
撮影時のことを聞くと「(現場に入る前に)いろいろ考えて準備してきてくれたものがあるのだと思いました。岡山くんは、飄々としていて、僕が面白がっているちょっとした事を、自分なりにくみ取ってくれました。真剣だったと思います。撮影も面白かったです。憎めるようで憎めない変な面白さがありました。この作品は、柔らかいシーンでしたが、もっといろんなシーンで岡山くんを観たいなと思いました」と、岡山さんの演技と纏う雰囲気に太鼓判を押した。

『おらおらでひとりいぐも』岡山天音 (c)2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会
田中さんと岡山さんの絶妙な間合いがもたらす緊張感と和やかな時間がない交ぜになり、沖田監督ならではのリアリティとユーモアが掛け合わされた印象的なシーンが生まれている。

『おらおらでひとりいぐも』は11月6日(金)より公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top