今年はおうちでハロウィン! じっくり観たい、ホラー映画特集

今回は映画ファンにオススメな本格ホラー映画特集。涼しくなってきた秋の夜長に楽しめる作品をご紹介していこう。

最新ニュース コラム
今年はおうちでハロウィン! じっくり観たい、ホラー映画特集
  • 今年はおうちでハロウィン! じっくり観たい、ホラー映画特集
10月といえばハロウィン、今年は自宅で楽しむ「おうちハロウィン」をおすすめしたい。今回は映画ファンにオススメな本格ホラー映画特集。涼しくなってきた秋の夜長に楽しめる作品をご紹介していこう。


"心霊現象の大半は科学的に解明できる"と証言する著名な学者が、キャリア史上唯一、100%本物と認めた事件―。


『死霊館』


1971年アメリカ・ロードアイランド州、両親と5人の娘たちが古びた一軒家に引っ越してくる。しかし、毎朝母親の体にあざができ、一定の時間に止まる時計など不気味な怪現象が次々と発生し、娘たちに危害が及んだことから、一家は心霊学者のウォーレン夫妻に解決してほしいと依頼する。夫妻が現地を調査すると恐るべき歴史が明らかになり、夫妻は館に巣食う邪悪な存在に立ち向かうが…。

2013年・112分・PG12
監督:ジェームズ・ワン
キャスト:ベラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、ロン・リビングストン ほか

Amazon prime videoで観る

外には恐怖、中には狂気。92分、あなたは精神を保てるか。


『イット・カムズ・アット・ナイト』


夜やってくる“それ”の感染から逃れるため、森の中の一軒家に隠れ住むポール一家の元に、ウィルと名乗る男とその家族が、助けを求めてやって来た。ポールは“それ”の侵入を防ぐため「夜入口の赤いドアは常にロックする」というこの家のルールに従うことを条件に彼らを受け入れる。うまく回り始めたかに思えた共同生活だったが、ある夜、赤いドアが開いていたことが発覚する…。

2017年・91分
監督:トレイ・エドワード・シュルツ
キャスト:ジョエル・エドガートン、クリストファー・アボット、カルメン・イジョゴ ほか

Amazon prime videoで観る

ようこそ、最恐の都市伝説へ


『スレンダーマン 奴を見たら、終わり』


アメリカ、マサチューセッツ州の小さな町。昔から仲の良いレン、ハリー、クロエ、ケイティの高校生4人は、ある夜、巷で噂の都市伝説「スレンダーマン」を呼び寄せる動画を見てしまう。それは、“3度のベルと共に彼が現れ、連れ去られてしまう”という恐怖の内容であった。怯えながらも半信半疑の4人だったが、1週間後、課外活動中にキャシーが忽然と姿を消し…。

2019年・93分・PG12
監督:シルヴァン・ホワイト
キャスト:ジョーイ・キング、ジュリア・ゴルダニ・テレス、アナリース・バッソ ほか

Amazon prime videoで観る

"世界7大心霊スポット" そこは決して足を踏み入れてはいけない場所だった


『コンジアム』


恐怖動画を配信しているチャンネル「ホラータイムズ」が一般の参加者を募集し、有名な心霊スポット「コンジアム精神病院」に潜入する。隊長で主宰者のハジュンをはじめ7人の男女はカメラやドローン、電磁検出器といった機材を持ち、探索を開始。サイトへのアクセス数は上がっていくが、ハジュンの仕掛けた演出ではない怪現象が次々と起こる。

2019年・94分・13+
監督:チョン・ボムシク
キャスト:ウィ・ハジュン、パク・ジヒョン、オ・アヨン ほか

Amazon prime videoで観る


この娘、どこかが変だ。
その"正体"が見えた時、世界中がショックに震えた。


『エスター』


子どもを流産で亡くしたケイトとジョンは悪夢とトラウマに苦しみ、夫婦関係も限界を迎えていた。以前の幸せな日々を取り戻そうとした彼らは養子を取ることに決め、地元の孤児院を訪問。そこで出会ったエスターという少女を養女として迎え入れるが、彼女はだんだんと本性を現していく…。

2009年・123分・R15+
監督:ジャウム・コレット=セラ
キャスト:ベラ・ファーミガ、ピーター・サースガード、イザベル・ファーマン ほか

Amazon prime videoで観る


世の中で最も恐ろしいのは、"わたしたち"だ!


『アス』


『ゲット・アウト』でアカデミー脚本賞を受賞し、監督としても高い評価を受けたジョーダン・ピールが、再び脚本、監督、製作を手がけた社会派ホラー映画。アデレードと夫のゲイブ、二人の子供の4人家族が夏の休暇で訪れた保養地。そこで自分達そっくりな“ドッペルゲンガー”と出会い、悪夢のような恐ろしい経験をする―。

2019年・115分・R15+
監督:ジョーダン・ピール
キャスト:ルピタ・ニョンゴ、ウィンストン・デューク、エリザベス・モス ほか

Amazon prime videoで観る

総毛立つ快感、身の毛もよだつ絶頂。


『呪怨』


ある日、介護ボランティアをする女子大生の仁科理佳は、寝たきりの老婆・徳永幸枝の様子を見るためその家を訪れた。理佳は何か不気味な雰囲気を感じつつも家の中へと入っていく。悪臭が漂い物が散乱する中を進み、一階の薄暗い部屋で幸枝を発見する理佳だったが…。

2003年・92分
監督:清水祟
キャスト:奥菜恵、伊東美咲、上原美佐 ほか

Amazon prime videoで観る

ずっとずっと いっしょだよね、ママ。


『仄暗い水の底から』


淑美は家庭を大切にし、子を思う母になろうと決心していた。しかし現実には夫とうまく行かず離婚調停中。親権を主張し、自立するため新居探しを始め、淑美と娘の郁子は「なにか」を感じるマンションに行き当たる。室内の湿気、水道水の不気味さ、雨漏り、子供の足音。二人で住みはじめたある日、郁子が屋上で赤い子供用のバックを見つけた。

2002年・101分
監督:中田秀夫
キャスト:黒木瞳、菅野梨央、小口美澪 ほか

Amazon prime videoで観る

その謎は「リング」に始まり、
その恐怖は「らせん」につながる。


『らせん』


病院の解剖室に送られた、男の死体の胃の内容物の中から、数字が羅列された紙切れが発見された。解剖を担当した医師安藤満男はその男がかつての同級生だったことを知る。安藤は、第一発見者の高野舞とともに、その謎に挑もうとする中、ある不気味な存在が浮かび上がる。 彼が到着する真理。それは人類進化の扉か、破滅への道なのか…。

1998年・97分
監督:飯田譲治
キャスト:佐藤浩市、中谷美紀、真田広之 ほか

Amazon prime videoで観る

悪いオトナに「死」を届ける、簡単な"おつかい"


『こどもつかい』


新人記者の駿也は、郊外で起こった連続不審死事件を追ううちに奇妙な偶然に辿りつく。小さなこどもが失踪した3日後に、その周りの大人が死んでいるのだ。死んだ大人たちはこどもに怨まれていたという。街の人々の間に広がる、“こどもの呪い”の噂。失踪し、戻ってきたこどもたちが口ずさむ歌に事件解決の糸口を見出した駿也は、取材にのめり込んでいく…。

2017年・111分
監督:清水祟
キャスト:滝沢秀明、有岡大貴、門脇麦 ほか

Amazon prime videoで観る

あの中島哲也監督の最恐エンターテインメントが、来る。


『来る』


オカルトライター・野崎のもとに相談者・田原が訪れた。最近身の回りで超常現象としか言いようのない怪異な出来事が相次いで起きていると言う。田原は、妻・香奈と幼い一人娘・知紗に危害が及ぶことを恐れていた。野崎は、霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴とともに調査を始めるのだが、田原家に憑いている「何か」は想像をはるかに超えて強力なモノだった。

2018年・134分・PG12
監督:中島哲也
キャスト:岡田准一、黒木華、小松菜奈 ほか

Amazon prime videoで観る


Amazonプライム会員なら、対象の映画・TV番組が見放題!今なら30日間無料トライアル実施中!
Amazon prime videoを30日間無料トライアル

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。
《佐々木未来》

特集

関連記事

特集

page top