炭治郎の前に立ちはだかる最強の鬼たちに注目『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』を楽しむための基礎知識として、主人公・竈門炭治郎たちの前に立ちはだかる最強の鬼たち。

映画 邦画ニュース
魘夢『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 魘夢『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 炭治郎『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 魘夢『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 猗窩座『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 炭治郎『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 煉獄杏寿郎『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 煉獄杏寿郎『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 禰豆子『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
公開わずか10日間で興行収入100億円を突破し、話題を呼んでいる『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。今回は、映画を楽しむための基礎知識として、主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)らの前に立ちはだかる最強の鬼たちに迫った。

>>劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』あらすじ&キャストはこちらから

劇場版の敵は「夢を支配する」鬼・魘夢 その恐ろしい能力とは?


魘夢『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
「鬼滅の刃」は、鬼に家族を殺された竈門炭治郎が、鬼を討つ組織・鬼殺隊(きさつたい)に入隊し、時を同じくして隊に入った仲間や「柱」と呼ばれる強力な剣士たちと出会い、成長しながら鬼との戦いに身を投じていく物語。

鬼殺隊の最終目的は、人を喰らう鬼にする能力を持つ鬼の始祖、鬼舞辻無惨(きぶつじ・むざん)を倒すこと。すでに放送されたアニメでも、強力な異能力である血鬼術(けっきじゅつ)を使う鬼たちを倒してきた炭治郎だが、劇場版となる本作では短期間の内に40人以上の行方不明者を出している“無限列車”を舞台に過去最強の敵、下弦の壱・魘夢(かげんのいち・えんむ)が立ちはだかる。

炭治郎『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
彼が使う血鬼術は、相手を眠らせ、意のままに夢を見させるという能力だ。魘夢は夢を見せている間に精神を破壊することで、対象者を廃人にすることができる。

鬼舞辻無惨直属の最強の鬼たち「十二鬼月」とは?


魘夢『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
「柱」をはじめ、鬼殺隊に所属する剣士に階級があるように、鬼たちにも階級がある。鬼の強さは基本的にどれだけ多くの人を喰らったかで決定し、中でも鬼舞辻直属の12体の鬼は「十二鬼月(じゅうにきづき)」と呼ばれ、歴代の柱すら倒してきた“最強の鬼たち”であることが、アニメ第26話「新たなる任務」で明かされた。

十二鬼月の上位の鬼6体を「上弦の鬼」、続く鬼たちを「下弦の鬼」と呼び、それぞれ数字が小さくなるほど強い力を持っている。本作で登場する魘夢は「下弦の壱」なので、下弦の鬼の中で最強ということになる。

広告の後にも続きます

敵は魘夢ひとりじゃない…!上弦の参・猗窩座現る



さらに先日解禁された情報では、敵が魘夢ひとりではなかったことが判明。無限列車で繰り広げられる炭治郎たち鬼殺隊と魘夢の激しい戦いの中、新たに上弦の参・猗窩座(じょうげんのさん・あかざ)が本作に登場している。

猗窩座『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
先日解禁された新たなPVでは、圧倒的な強さを誇る猗窩座と、炭治郎たちと共に無限列車に同乗する鬼殺隊最強の剣士のひとり、炎柱の煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)との苛烈な死闘が繰り広げられている。

煉獄杏寿郎『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
鬼になることを執拗に勧める猗窩座に対し、老いることも死ぬことも、人間という儚い生き物の美しさであり、だからこそ愛おしく尊いものだと語る煉獄。人間と鬼、それぞれの矜恃がぶつかりあい、生まれるドラマは大人も楽しめるポイントだ。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top