イタリアの同性カップルが“ラピュタ”モデルの地で結婚式へ『天空の結婚式』予告編

『天空の城ラピュタ』のモデルとなった地を舞台に、ゲイカップルの結婚式までを描いた映画『天空の結婚式』が公開決定。ポスタービジュアルと予告編が到着。

映画 洋画ニュース
『天空の城ラピュタ』のモデルともなったイタリア屈指の観光地で、ゲイカップルの結婚式までを描いた映画『天空の結婚式』が、2021年1月22日(金)より公開決定。ポスタービジュアルとともに、予告編も到着した。

イタリアで、2016年に下院議会で同性カップルの結婚に準ずる権利を認める「シビル・ユニオン」法が可決されたことを受け、ニューヨークのオフ・ブロードウェイでロングラン上演された大ヒット舞台「My Big Gay Italian Wedding」(原題)をイタリアのコメディ映画界の重鎮アレッサンドロ・ジェノヴェージ監督が映画化。

『天空の結婚式』 (C)Copyright 2017 Colorado Film Production C.F.P. Srl
「同性婚」をテーマに、ゲイカップルの両親へのカミングアウトや世代間ギャップを真正面から描き、最高にハッピーな後味をもたらすロマンティック・コメディは、2018年の本国公開時に大ヒットを記録した。

この度解禁された日本版オリジナルポスターでは、本作の舞台となるイタリアで最も美しい村にも登録された観光地「チヴィタ・ディ・バニョレージョ」の絶景をバックに、主人公のアントニオとパオロのカップルがタキシードに身を包み、微笑み合う姿をとらえている。

『天空の結婚式』 (C)Copyright 2017 Colorado Film Production C.F.P. Srl
また、予告編は、主人公のアントニオが恋人のパオロにプロポーズするシーンから幕開け。結婚を決意した2人だったが、問題は故郷に住む互いの親にゲイであることをカミングアウトし、了解を得ること。

パオロを連れて故郷の村へ帰省したアントニオを、母アンナは受け入れ歓迎するが、村長を務める父ロベルトは動揺を隠せず、大反対。夫婦離婚の危機に陥る。さらに、アンナは息子たちのために、最高の結婚式を計画するが…。


予告では、イタリアでいま最も人気を集める実在の“カリスマ”ウエディング・プランナー、エンツォ・ミッチョが本人役で登場している。

『天空の結婚式』は2021年1月22日(金)よりYEBISU GARDEN CINEMA、新宿シネマカリテほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top